まちづくりPRネット

Society 5.0 地方創生に役立つデジタルマーケティング技術の共有ブログ

Society5.0

AIスコア化される Society 5.0 の、地方創生タクティクス。オープンAPIインバウンド岡山シェアリングエコノミー戦略

トークンエコノミーの街おかやまを構想するページ


ッグデータ争奪戦を勝ち抜けるのか !?
Society 5.0 と AIスコア_J.Score
ポートフォリオワーカーの私は新たなライフ・シフトに備えるべく時間と体力の許す限り初めての業界に飛び込み、就業しながら学び直しを続けています。そのなか今春は、Society 5.0への移行に伴い露出する未知の社会課題の解決をテーマにティール組織を岡山県に創設しておきたく、“ NPO法人 超教育ラボラトリー Inc. ” の起業を敢行。

職務の中に AI を採り込むことによりビジネススタイルは一変する今。付加価値を生み地域社会に提供できる強い組織を運営するには、突出した専門性とローカルキャリア(どの地方でも豊かに暮らせる職業能力)を有する仲間と経営リソース(各々が持ち寄るプロフェッショナルスキル)をシェアリングしておくことが極めて重要であり、チームを形成するとき必要不可欠なのは、言うまでもなく互いの信頼関係。VUCAの時代をクリエイティブに乗り越えられる10名によるスタートアップに際し、感謝の念に堪えません。

人のAIスコアの集積は地域の評価かつ成長可能性

さて、タイトルに掲げた “ オープンAPIインバウンド岡山シェアリングエコノミー戦略 ” について。各々意味深な検索クエリから編成が為される文脈は、「オープンAPIの理解を深め応用技術群を地域社会として受け容れ素早く実装できれば FinTech の経済効果はもとより HRテックEdTechMedTech またぞろ先行者利益は増大の一途を辿り観光はもちろん、ヒト・モノ・カネ・情報・地方創生などインバウンドの恩恵を享受し、全国に先駆けシェアリングエコノミー社会への移行を実現。心豊かな Society 5.0 へ」。

上述のさらなる展開を目指そうとするなら、オープンAPIにあわせて個人の成長可能性をAIが評価する信用サービス “ J.Score ” についても詳しくご紹介したくなるわけですが、そこまで踏み込みますと一晩あっても足りそうにないので興味関心のある方は、全国銀行協会様「オープンAPIって何?」ページに記載された解説および、下記コンテンツ等から技術的にイメージを膨らませてくだされば幸いに存じます。




かなる有事 “ 東京一極集中 ” の是正は晴れの国おかやま市の天命

3本もの一級河川が悠然と流れる、晴れの国と呼ばれる岡山県。その県都である岡山市は四国へ渡る交通の要衝であるばかりか、中国山地の山の幸と瀬戸内海の海の幸など珠玉の天然リソースが集う、いわばシェアリングエコノミーの聖地とも。Society 5.0は言わずもがな東京一極集中の穏やかな是正をも担うものであり、そのとき首都圏からの移住者を温かく迎え入れることのできる地方都市の一つは、紛れもなく岡山市。東京や大阪で活躍された人財との迅速かつ円滑なアライアンスに際し役に立つのは芝麻信用のような個人の信用評価サービスであり、平均信用スコアの高い地域の成長(評価)もまた高いと言えましょう。

なればこそ。健やかな日本の未来に向き合う岡山市民の一人として信用スコアを磨き、グローバル企業と連携し、おかやま地方創生の志士として地域社会に貢献すべく人生100年時代の学び直しを走りながら繰り返し、次の出番に備えています。首都圏の皆さま、関西圏の皆さま。岡山市で逢いましょう!

 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO 菅野敦也
デジタルマーケティング技術を駆使して組織マネジメントを効率化。ES、業績向上 Win-Win の実りある働き方改革を提案いたします!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業3社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)5回超など、多様で多彩な実経験に基づく実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。

以上、世界都市を標榜する岡山市の、至宝のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 地方創生AIスコア > リンク
Copyright (C) 2008-2018 Town-PR. All Rights Reserved.

地方創生。超スマート社会版 シュタットベルケ構想

ラウパッハ先生に学ぶ 日本版シュタットベルケのページ


早いもので前回エントリーより1年超、みな様お久しぶりでございます。

ポートフォリオワーカーの私は昨年。まったく初めての業界に飛び込み、多くのことを実学しながら次のライフチェンジに備えて多彩な学び直しに徹しておりました。それはシェアリングエコノミー社会やトークンエコノミー時代、超スマート社会や Society 5.0。ほかにもファンドレイジングや社会起業に関する構想を膨らませていて、けして街づくりや都市ビジョン構想を忘れていたわけではありません。こと、虎視眈々と注目マークしていたのは、立命館大学 経営学部教授 ラウパッハ・スミヤ ヨーク先生のシュタットベルケ講義 “ ドイツ都市公社の成り立ち ” 。

スマート社会に移行する際の、そこに露出する社会課題は凄まじい…

AI、IoTにロボティクス、自動運転車.e.t.c... 豹変する世界に想いを巡らせ人生100年時代の新たな社会はどうあるべきか。そのことを熟考するとき、ドイツの官民連携型インフラサービス事業者「シュタットベルケ」は多様な選択肢と持続可能性を示してくれる。具体的に、

1. 公益“事業”であるから“事業のプロ”によるローコスト経営が重要で
2. 経営基盤が安定するほど住民サービスは秀逸なものに進化を始め
3. 県民・市民の生活の質は向上。大きな経済発展も後からついてくる

誰でも解る政策ではあるものの、旧態依然の仕組みをイノベーションする痛みを伴う崇高な公共事業であるがゆえ、住民が率先垂範して行政と協働しなければ街の刷新はありません。



れほどまでに天然リソースに恵まれる晴れの国おかやまだから

岡山はエネルギー政策を革新するだけで、飛躍的な成長は始まり持続可能性は担保される。私は福岡県みやま市 “ みやまスマートエネルギー株式会社 ” をロールモデルに据え、社会課題の解決に貢献したく日本版シュタットベルケの研究を継続、導入に尽力したい。健やかな未来に向き合う岡山市民の一人として、地域創生の騎手としての責務を果たします。

以上、世界都市を標榜する岡山市の、珠玉のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > シュタットベルケ > リンク
Copyright (C) 2008-2018 Town-PR. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク
    Social Media Box
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ