まちづくりPRネット

Society 5.0 地方創生に役立つデジタルマーケティング技術の共有ブログ

地域創生

地方創生。超スマート社会版 シュタットベルケ構想

ラウパッハ先生に学ぶ 日本版シュタットベルケのページ


早いもので前回エントリーより1年超、みな様お久しぶりでございます。

ポートフォリオワーカーの私は昨年。まったく初めての業界に飛び込み、多くのことを実学しながら次のライフチェンジに備えて多彩な学び直しに徹しておりました。それはシェアリングエコノミー社会やトークンエコノミー時代、超スマート社会や Society 5.0。ほかにもファンドレイジングや社会起業に関する構想を膨らませていて、けして街づくりや都市ビジョン構想を忘れていたわけではありません。こと、虎視眈々と注目マークしていたのは、立命館大学 経営学部教授 ラウパッハ・スミヤ ヨーク先生のシュタットベルケ講義 “ ドイツ都市公社の成り立ち ” 。

スマート社会に移行する際の、そこに露出する社会課題は凄まじい…

AI、IoTにロボティクス、自動運転車.e.t.c... 豹変する世界に想いを巡らせ人生100年時代の新たな社会はどうあるべきか。そのことを熟考するとき、ドイツの官民連携型インフラサービス事業者「シュタットベルケ」は多様な選択肢と持続可能性を示してくれる。具体的に、

1. 公益“事業”であるから“事業のプロ”によるローコスト経営が重要で
2. 経営基盤が安定するほど住民サービスは秀逸なものに進化を始め
3. 県民・市民の生活の質は向上。大きな経済発展も後からついてくる

誰でも解る政策ではあるものの、旧態依然の仕組みをイノベーションする痛みを伴う崇高な公共事業であるがゆえ、住民が率先垂範して行政と協働しなければ街の刷新はありません。



れほどまでに天然リソースに恵まれる晴れの国おかやまだから

岡山はエネルギー政策を革新するだけで、飛躍的な成長は始まり持続可能性は担保される。私は福岡県みやま市 “ みやまスマートエネルギー株式会社 ” をロールモデルに据え、社会課題の解決に貢献したく日本版シュタットベルケの研究を継続、導入に尽力したい。健やかな未来に向き合う岡山市民の一人として、地域創生の騎手としての責務を果たします。

以上、世界都市を標榜する岡山市の、珠玉のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > シュタットベルケ > リンク
Copyright (C) 2008-2018 Town-PR. All Rights Reserved.

セレンディピティ市おかやま声明。 “ 日本創生のための将来世代応援知事同盟サミット in おかやま ”

ブログネタ
地方創生 に参加中!
こどもの日スペシャル広報のページ

日本創生のための将来世代応援知事同盟サミット in おかやま.
日本創生のための将来世代応援知事同盟

地方創生の掛け声の下、全国における都市間競争は激化し、子どもの全国学力テストの結果(順位)が降下していく岡山市に暮らす私は、将来的な優勝劣敗の危機を憂うなか、一筋の光明と申しましょうか。とても有り難くて希望の芽生える、そんな記事に接することができました。

将来世代を支える社会を実現するため、知恵を結集して行動する「日本創生のための将来世代応援知事同盟」を立ち上げます――。

「日本創生のための将来世代応援知事同盟」の立ち上げについて ” from 長野県(県民文化部)プレスリリース 平成27年4月14日.

そうして平成27年5月23日(土)8:50〜 岡山県立美術館ホールにおいて !!

子育てする私たちの世代が、
もっともっと輝き、地方が豊かになるために


これは岡山県にとって、こと岡山市において、天与の朗報。おかやま創生総合戦略に提起を行うマーケター(私)が考える地方創生の起点は、繰り返すまでもなく、次の社会を担う子ども達の健やかな成長。そのための子育て、そして教育がもんげー大事。

選挙に行かず(投票率の低下)、地域の将来を占う街づくりに無関心(現状、産学官主導の街づくり)でおりますと、主役である市民は置き去りになり、子ども達の教育に割かれるべき岡山県政・市政における予算は老獪な人々により恣意的にムダ使いされること、しばしば。JR西日本が不採算路線として長らく放置してきたJR吉備線に、数百億円。LRT導入が自己目的化した事業 “ ナンセンスなLRT化 ” への浪費だって実現するかも知れません。

そんな土俵際、チャンスは知事同盟というカタチでやって来た (^v^)。



幸せの見つかる街おかやま

ついでに広報。『 岡山市民の日〔6月1日〕の、岡山の県民・市民によるプレイベント

おかやま都市ビジョン研究会 Webサイト2015年5月31日〔日〕 @ J-Hall 13:00〜

岡山の県民・市民ほか誰もが隔たりなく参加できる寛容な場、自由で愉快なコミュニケーションの場セレンディピティを生みだす場

それらを創出できれば、しめたもの。

セレンディピティ市おかやま

   開催を告知するフライヤー試作物 )
第15回おかやま都市ビジョン研究会スペシャルと銘打ち、「岡山市民の日(6月1日)」の前日にあたる、2015年5月31日 日曜日。岡山県民・市民の有志による一年間の活動を振り返るべく、『第1回 おかやま都市ビジョン研究会シンポジウム』を開催いたします。その会場は今もっともホットな話題を集める岡山の、〜 セレンディピティを生みだす場 〜を銘板に刻む、栄えある『Junko Fukutake Hall (愛称 : J-Hall)』。

第1回シンポジウムでは、30年先の健やかな未来づくりの場(セレンディピティを生みだす場)を演出できれば、しめたもの。 皆さま是非ご参加ください!!

以上、地方創生を願う皆さまの、ソーシャル広報のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 将来世代応援知事同盟 > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク
    Social Media Box
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ