まちづくりPRネット

Society 5.0 地方創生に役立つデジタルマーケティング技術の共有ブログ

コンパクトシティ

世界都市おかやま。 公共交通を再生する、BRT事業を導入。岡山市の路面電車、廃線の道程は案外、近し

ブログネタ
一億総活躍社会 に参加中!
おかやま総活躍社会のページ
イオンモール岡山と後楽園は、未来カーの両輪。 街なか回遊を促すために岡山市がクリアすべき 2つの課題とは。

目指せ!世界都市おかやま!!

先般。一億総活躍社会の実現は提示され、一億総活躍国民会議が設置されました。そのなか政令市岡山市では、瀕死の公共交通機関の再生について、いよいよ正念場を迎えており、緊急エントリー。

路面電車 岡山駅へ平面乗り入れ ” by 読売新聞さま.

機能不全に陥って久しい岡山の公共交通に関し、以前より私が指摘してきた “ 岡山市の公共交通機関の問題の本質 ” は、岡山駅東口バスターミナルに集約されており、バスロータリーの再編整備なくして、岡山市の公共交通機関の再生はありません。上記のWeb記事に拝読するように、よもや路面電車がJR岡山駅前へ乗り入れしようものなら、岡山の公共交通の息の根は完全に止められます。そもそも2012年に岡山中心部100円均一循環バスめぐりんが走り始めた時点で路面電車の環状化構想は潰え、日本一営業距離の短い路面電車の延伸の意味は失われ、今や交通渋滞の立役者として博物館送りを待つばかり

ゆえに岡山市の路面電車をJR岡山駅前に乗り入れるという議論そのものバカげており、それは時間と税金のムダ使いであり、ましてや赤字路線のJR吉備線をLRT化し、路面電車と相互乗り入れという構想は余りにナンセンスすでに不要なシロモノを延伸しようとするから、何十年経っても前には進まない。従いまして、付け替えが容易ではない路面電車の軌道を引いてさえしまえば一社独占、これにて安泰と考える人々には一旦お引き取り頂き、新しい時代にマッチする、新しい岡山の公共交通機関を構築する絶好機。真っ先に解決すべき課題は、岡山駅東口バスターミナルの再編整備。


BRT(バス・ラピッド・トランジット)の利点
路面電車の軌道を整地し、現行通りに運行できる
・ バスロータリーを拡張し、路線バスと共同運行
既存の路線バスとの相互乗り入れが可能
新型の車体価格はLRT車両の約1/3程度
街の成長に対応して路線の付け替えはフリー
・ BRTはJR吉備線への乗り入れにも対応可能
・ 保守(保線)のコストは低減し、街の景観は良化
安心して歩ける、歩行者と自転車に優しい街づくり




岡山市の路面電車、廃線の道程

これより先は、思考停止している路面電車推進派の皆さまに向けてのご提案。まずは岡山電気軌道株式会社さまには企業として存続して頂きたく、経営革新および事業シフトをお願いする次第です。ざっくり具体策を例示するなら下記、5つのステップ。

1. BRT(Bus Rapid Transit)事業部の新設
2. 岡山市内を循環するEVバス事業開始


3. JR吉備線相互乗り入れBRT(Bus Rapid Transit)事業準備
4. 転売可能な電車車両は、とちぎ県央LRT株式会社へ売却
5. 人員再配置、事業再構築後、電車事業は岡山市へ売却
※ 岡山市は1円程度で買い取り、9億9千万円以内で廃線処理を実施

路面電車は外せない。そんな凝り固まったMust思考を解きほぐし、次の世代の利便性を重視して、世界都市おかやまを目指すとき、大正〜昭和を支えたレガシーな交通インフラ路面電車を廃線し、BRT(Bus Rapid Transit)を導入することは、時代の要請と言えましょう。路面電車を廃線し、BRT事業へシフトすることで、御社の収益性は飛躍的に改善し、従業員みな様の処遇も改善。なにより岡山の県民・市民に、岡山への来訪者みな様に喜ばれるのだから、これぞ正に三方良し (*˘︶˘*).。.:*♡

岡山電気軌道株式会社さまにはご英断を何卒よろしくお願いいたします。



それでも路面電車を延伸するなら、民意を問うための住民投票は不可避です。

2006年に岡山へ移住してきた私は、路面電車を保護して岡山市を大正〜昭和に釘付けせず、世界都市おかやまを目指すためにも発展的に廃線すべきだと存じます(`・ω・´)ゞ

下記は、世界都市のロールモデルとして。

[ YouTube 柏の葉スマートシティさんの街づくり提案プロモーション動画 ]

以上、あなたの地域の世界都市へのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 世界都市おかやま > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.

おかやま都市ビジョン研究会フォーラム。 岡山市の公共交通デザインを、次の世代と一緒に考える公開討論会 for 2030年.

ブログネタ
地方創生 に参加中!
おかやま創生総合戦略のページ
おかやま都市ビジョン研究会 Webサイト

次の世代のための公共交通

地方の魅力を発信するFacebookページ あいらぶ岡山 を運営したり、おかやま都市ビジョン研究会 の広報Webサイトを更新したり。

そうして先般。8月29日(土)お都ビ研フォーラムに向けて、“ 次の世代と一緒に考える、岡山市の公共交通 ” というエントリーを配信したところ、8月7日(金)夜会において当日のテーマは「1.LRTについて、2.BRTについて」という2本立てで予定している旨お聞きしたので、急ぎ、BRTプレゼンページを作成。ご関心のある方は、前もって閲覧くださいませ。



【 第18回 お都ビ研フォーラム(公開討論会)開催ご案内 】

日時 : 2015年8月29日〔土〕 13:30 - 16:30 会場 : きらめきプラザ 706 会議室
テーマ(予定) : LRTについて 13:30〜(RACDA様) BRTについて 14:00〜(菅野プレゼン)

未来志向、発展的な研究会になりますよう、お務めいたします (^^)人。

未来の公共交通。 “ New Mobility Design Vision 2030 ” by 畑山一郎 先生.

[ YouTube TVTOKYO さまのチャネルよりシェアした未来のイメージ動画 ]

以上、利他の心で未来を考える皆さまの、創発のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > おかやま創生総合戦略 > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.

環境未来都市おかやま。環境モデル都市を目指そう、岡山市!

おかやま創生総合戦略のページ
おかやま都市ビジョン研究会 Webサイト

環境モデル都市・環境未来都市

地方の魅力を発信するFacebookページ あいらぶ岡山 を運営したり、おかやま都市ビジョン研究会 の広報Webサイトを開設したり。

第3次安倍内閣組閣以降も今までと変わりなく、岡山の健やかな街づくりに役立つ有用な情報を素早く収集したく、“ 政府インターネットテレビ ” はじめ首相官邸トップ > “ 内閣の重要政策に関して詳しく紹介しています ” ページを閲覧したり、“ まち・ひと・しごと創生本部 ” から配信される「長期ビジョン」「総合戦略」に着目しばし。とりわけ今年は我が街を『環境未来都市・環境モデル都市』にしようと目論み、既に起こしたアクションをブラッシュアップ中。





柏の葉スマートシティに倣う街づくり

岡山の街づくりを研究している私は早くからポートランドに注目しており、最近では『新しい「何か」が生まれる街ポートランド』や『「若者が引退しに行く街」 環境先進都市ポートランド』など紹介記事も続々配信され、お訪ねしたことのない米国の街の、街づくりの秘訣に迫ることができて有り難く。そのとき、ポートランド市開発局とMOUを締結し、世界最先端のコンパクトシティ “ 柏の葉スマートシティ ” を創生するなど国内の技術の粋を集める “ スマートシティ企画株式会社 ” との連携を急ぎたく。岡山市を環境未来都市に変貌させるためにも、その目的と着実な事業ステップにおいて、まち・ひと・しごと創生本部との協業を切望するところです。

遅ればせながら岡山でも “ 西川カフェ「ポートランドのまちづくりから学ぼう」 ” という機運が醸成されているようで一重に喜ばしいと感ずる傍ら、勉強会の目的が路面電車の延伸や、JR吉備線のLRT化を擁護する偏った内容一辺倒にならないかと一抹の心配も。私が痛感しているポートランドの魅力は、美しい街並みを創造するに至った「住民参加による合意形成」の仕組みとノウハウと、そこに導かれた多様性に富んだポートランダーにより醸成された独自の文化であり、枝葉末節。トラムがポートランドらしさではない。という認識を、念のため ^^。


岡山の公共通機関の選択を含め、街づくりの方向性を決定するのは此の地により長く暮らす若者層であるべきだと考えるワタクシは、様々な角度から未来の視点に基づき得られる有用な情報の提供に努めて参ります。未来が健やかでありますように (^^)人。


[ YouTube 柏の葉スマートシティ さんのチャネルよりシェアしたイメージ動画 ]

以上、成長を目指す皆さまの街の創発のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > おかやま創生総合戦略 > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.

イオンモール岡山と後楽園は、未来カーの両輪。 街なか回遊を促すために岡山市がクリアすべき 2つの課題とは。

ブログネタ
国家戦略特区 に参加中!
地方版総合戦略のページ株式会社 東芝 : EVバスの実証運行


回遊性のある街づくり

2014年秋、JR岡山駅至近に開業予定。年間2千万人以上の集客を見込む巨大なショッピングセンター “ イオンモール岡山 ” を、岡山市の未来の街づくりにどう活かそうか…。

と、長考している時間は既に尽きており、同センターの来訪者は2千万人であることを前提にすぐ取り組まなくてはならない喫緊の課題、2つを抽出。なんせイオンモール岡山は西日本の旗艦店に位置づけられており、近隣県はもとより遠方から大勢の方がお越しくださる予想は難くなく。むろん岡山市を初めて来訪される方の数も相当なもの。そのとき「ついでに◯◯観て帰ろう…」 というついで観光の需要が小さいはずはなく、もはや日本三名園のひとつ “ 岡山後楽園 ” を眠らせておくわけには参りません。クリアすべき 2つの課題とは…。

課題 1. 後楽園の魅力向上
イオンモール岡山から足を伸ばしたくなる、宿泊を促すコンテンツの創出


課題 2. 交通手段の充実
イオンモール岡山、JR岡山駅より、街なか回遊を促す公共交通の整備


上記、2つの課題の同時クリアが極めて重要


課題 1. クリア策(案)については、
ご当地みやげの品揃えがよく、おもてなしの心を備えた気の利くショッピングモールの新設や、女史連の心をワシづかみにするスイーツパーラーの誘致が不可欠。例えば PFI を活用し、閉鎖したまま放置されている岡山後楽園の植物園跡地に栗林公園のご当地アンテナショップ “ かがわ物産館 栗林庵 ” をイメージしたお土産ショッピングモールをイオングループに運営いただくというのは妙案かも知れないし、等しくコンセッション方式を採用し、金刀比羅宮の資生堂パーラー “ 神椿 ” のようなスイーツ処を模倣して、後楽園には “ 庭椿 ” を、岡山城には “ 城椿 ” を資生堂パーラーに運営いただくというのも一興かも知れません。



課題 2. クリア策(案)については、
初めて岡山市へいらした方々が、さぁ後楽園や岡山城へアクセスしようというとき、一目瞭然、しかもリーズナブルかつ素早くアプローチできる公共交通機関の整備は当たり前。それらは県外からの来訪者のみならず、岡山市民にとっても待たれるところ。例えば東京都港区を循環する “ ちぃばす ” や、善光寺へいざなう長野市の循環線ぐるりん号 ” など今やスマートEV街なか回遊ミニバスが活躍をはじめ、環境モデル都市へ発車オーライする時代。




イオンモール岡山JR岡山駅ロータリー後楽園 〜 出石町 〜 カルチャーゾーン 〜 城下 〜 岡山城 〜 県立図書館 〜 ルネスホール 〜 天満屋バスターミナル 〜 西川アイプラザ 〜 イオンモール岡山(この逆ルート)循環線2路線を新設
( ※ 岡山市コミュニティサイクル “ ももちゃり ” ポートと原則的に連携させる
※ 循環線(コミュニティバス)新設の主たる目的
イオンモール岡山へ来訪くださるお客様の意図は大きく2つで、ショッピングまたは見物。そうした購買意欲が高く、また、好奇心旺盛な人々が岡山市の街なかを回遊くださる可能性(回遊チャンス)は極めて高く、そうした方々を素早く安全に、リーズナブルかつ環境配慮型の公共交通で後楽園やその門前町、岡山城から表町商店街へいざなう狙い。もう一つは、マイカーによる後楽園等への乗り入れを抑制し、交通渋滞を軽減する目的も。
( 3月30日 追記 )
山陽新聞社のニュース「災害支援などで連携 岡山市、イオンと協定」に付随し、災害時、コミュニティEVミニバスは補助電源として利活用できることを補足いたします。

※ 循環線(コミュニティバス)新設に期待する3大メリット
1. 社会が負担してきた路面電車のコスト問題を解消
2. コミュニティEVバス路線の変更は柔軟性に富む
災害・被災等の緊急時、最適な道路を走行できる
・ 祭事やイベントに対応し、臨時路線の追加が可能
桃太郎大通りの歩行者天国プロジェクトにも対応
3. 環境モデル都市・環境未来都市としての魅力向上

※ 循環線(コミュニティバス)新設に際する参考資料
コミュニティバスの路線を活用したEVバスの実証運行を開始〔株式会社 東芝〕
東芝トップページ > 鉄道システム > 製品・サービス > EVバス〔株式会社 東芝〕
環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の委託先に採択
「電気自動車による地域交通グリーン化事業」の公募について〔国交省〕
クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金〔経産省〕
【PHV・PHEV・EV】充電インフラ普及支援プロジェクト〔業界4社〕
国交省が自治体と共同会社 公共交通維持、企業を支援〔日本経済新聞〕

※ 循環線(コミュニティバス)運営の事業主体に関する案
理想は岡山市営ですが、場合により PFI を有効に活用して ももちゃり(岡山市コミュニティサイクル運営本部)” が担う案や、EST交通環境大賞 環境大臣賞を受賞された両備グループ ” さんに委託する方法事業コンペによる運営主体の選出等が考えられます。



そうやって黙考するとき、県外から大勢の人々を引き寄せる “ イオンモール岡山 ” と、魅力向上した “ 後楽園 ” は未来カーの前輪で、新幹線が全停車する “ JR岡山駅 ” と市内の要所を循環線として結ぶ次世代型の公共交通 “ スマートEV街なか回遊ミニバス ” は未来カーの後輪。それら四輪すべてが “ シムドライブ ” の如く駆動するとき、岡山市は健やかな未来に向けて前進するものと確信いたします。下記は、そうした願いの下に書きました。



おまけ。 世界遺産おかやまの実現を目指すにあたり、“ コンパクトシティ ” や “ スマートシティ ” の着想なくして健全な社会の将来像の描写は難しく。そう考え、下記に関連動画を掲載。お時間ありましたら閲覧くださいますよう何卒よろしくお願いいたします !!





[ YouTube 日立ブランドチャンネルさんのスマートシティ提案プロモーション動画 ]

以上、あなたの地域の新しい公共のヒントになれば幸いです ^^。

( 2014年11月22日。岡山都市交通戦略に関し下記、追記 )
おかやま都市交通戦略連携会議 ” このニュースに期待!


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 新しい公共 > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.

グランドデザインおかやま ☆彡 午年に描く、世界遺産登録。

ブログネタ
国家戦略特区 に参加中!
岡山の未来をデザインするページ

旧 内山下小学校 跡地
『 あるある世界遺産おかやま

2014年1月11日。日本経済新聞『 砂上の楼閣で終わらない エコの現実 リアルの逆襲 第9回 』でマスダール・シティに関する記事を読み、グローバルレベルで豹変してゆく未来のコンパクトシティをイメージしておりました。

その転結は、岡山市に暮らす私達にとって他人ごとではなく、今秋 イオンモール岡山の開業以降、岡山市が様変わりしてゆく未来の想像も難くなく予測を遥かに上回る勢いで100万都市の仲間入りを果たす事象を想定し、それが正しいとするなら理想の公共交通は LRT より地下鉄が適正かも知れないし、さらに日本の将来を健やかに支えていくスマートシティとして人口100万人を軽々突破するなら JR岡山駅の連続立体交差工事は必然のそれ。そうやって岡山の都市化が高度に進むとすれば歴史を懐古する岡山市の都心創生まちづくり構想も、いわばゼロベースに戻して 100年〜1000年先の健やかな未来を創出するための、グランドデザインの再構築に迫られそう。と、突飛な考えに基づき、未来予想を描いてみました。


そうしている間にも地域おこしに熱心なエリアでは様々議論や討論、ワークショップがなされており、4年も前には岡山後楽園と岡山城を一体運営(園城一体)すべきという主旨の議事録を拝読したり、また、当該エリアをパリの「モンマルトル」をイメージして再開発してはどうか。といった未来志向で、とても建設的なご提言がなされていたのは嬉しい驚き。

折しも2014年1月9日の記事「内山下小跡地活用へ意見を」は、“ 旧内山下小学校跡地の活用を考える会 ” への住民参加を呼びかけているわけですが、重要なことは、適度に広い小学校跡地は急成長してゆく岡山市の名所旧跡エリアに位置していることから、数十年先〜数百年先に暮らしているであろう子孫の豊かな生活を考えた上で結論づけられるべき。建物ハコモノありきで考えるのではなく、未来のデザインありきで考えるべく大事な案件

そうなると問題は、あまりにも壮大で気の遠くなるような仕事、グローバルレベルで未来をデザインするのは誰か。誰がどうやってグランドデザインを創造するのか。続々命題が展開されるなか選択の一つに採択しておくべきは、岡山後楽園と岡山城の一体運営をも包括する観光特区の実現や、場合によっては国家戦略特区を活用するという発想も必須になるかも知れません。未来へ続く「おかやま希望のニュース」をあらためて、ご紹介いたします ^^。

2006年に岡山県へ移住してきたワタクシ。世界遺産おかやまの実現を目指し、今後もない知恵しぼってアイデアを捻り出しますので、何卒よろしくお願いいたします !!


[ YouTube SunVerdir チャネル。政令指定都市 岡山市の紹介PR動画 ]


以上、あなたの地域のまちづくりのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 世界遺産おかやま > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.

アリオ倉敷、倉敷みらい公園、三井アウトレットパーク 倉敷。 近未来のスマート・シティを考える。

くらしきエリア探索リポートのページ


アリオ倉敷。 エントランス豊かな近未来の まちづくり

2011年11月26日〔土〕。 とり急ぎJR倉敷駅前 隣接のスマートシティを見学。 Arioアリオ倉敷)、MITSUI OUTLET PARK三井アウトレットパーク 倉敷)、その2つの商業施設を結ぶ市民公園、倉敷みらい公園を散策しばし。

まちづくりにおいて大切な視点は、子孫の笑顔。少し先の未来が明るくなるか、その先の社会が豊かであるか。そうしたイメージに基づく判断が大事と考えるボクは、この街を駆け巡り、なるほど「創発」を感ぜずにいられなかった。

グローバルレベルで俯瞰する、都の厳しい大市場を勝ち抜いてきた大手デベロッパーによる所業だから当たり前。というのは少々乱暴な表現ではあるが、メガ流通を含めて彼らの持つノウハウは極めて洗練されている。 “ 笑顔

そう。世界に先駆け賢い都市を創造してゆく事業者のコア・コンピタンスは、実は笑顔を創造するノウハウ、力。だとボクは考える。 自治体が豪華な箱物作れど、補助を振る舞えど、笑顔なき地域の再生、振興は難しくなる昨今。

そんな中、アリオ倉敷の歌うアイスクリーム屋さんで久々心の底から微笑んだ。ほんとに楽しい。 アイスが美味しい、ソングが愉快。というだけじゃなく、その笑顔を輝かせる若者達が明るい未来を紡いでくれる。そう直感させてくれたからに違いない。 笑顔は連鎖する。アリオ倉敷 〜 倉敷みらい公園 〜 三井アウトレットパーク 倉敷。そのエリアで見かけた笑顔の連鎖に可能性を覚えたり。

その笑顔は岡山駅前開発にも善い意味で連鎖するだろう。と確信し、嬉しくなりました。 多様なノウハウを吸収し、咀嚼し、自らの成長に活かしていくことがとても大切。 時間を見つけて倉敷へ、また学びに行こうと想います。


[ YouTube サンベルディエールChannel より配信しているHD動画 ]

( 2011年11月26日〔土〕、EXILIM ZOOM EX-Z300で撮影。 (株) ロイロの編集ソフト、ロイロスコープ2〔製品版〕にて制作、投稿した動画 )

以上、拙ブログがスマートシティづくりのヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR戦略 > 倉敷PR > リンク
Copyright (C) 2008-2011 Town-PR. All Rights Reserved.

まちづくり三法と、コンパクトシティ。 The 地域再生!!

ブログネタ
『 まちづくりPRネット 』 に参加中!
TOPネットPR動画PR会議室サイトマップ運営者想いContactUs

法制を理解し、地方活性化を推進するページ

岡山駅前メインストリート「桃太郎大通り」 2008.12.1
「 街の魅力を高めるために 」

まちづくり3法とは、都市計画法大規模小売店舗立地法(大店立地法)中心市街地活性化法の総称。

( 各リンク先は、フリー百科事典 Wikipedia

まちづくりを計画的に行うことで、地域の協調性と街の機能性を引き出し、未来志向の魅力的な都市集積を促す目的。 シャッター通りやシャッター商店街を再興させる、まちおこし効果による地域活性化の期待も込められる。

一方、ヨーロッパの都市設計に倣ったコンパクトシティの発想も、俄かに注目を集める気配あり。 循環型社会の観点において、妙案とも。

まちづくり推進リーダーは、各項目をご一読ください。


大きな地図で見る
[ 岡山市の中心市街地概観(Googleマップ) ]


「 地域再生の起点は、高邁な理念。 」

保護貿易などにみる、マーケットを将来的に衰退させる保護主義を払拭、開かれた健全な競争市場の創出から始まる地域再生。 やがて人々の闊達な往来が始まり、街は活気を取り戻し、たちまち元気になりましょう。

遠い子孫のための豊かな未来社会の創造が、まちづくりの真の目的。 公明正大なる理念が、地域再生の起点とも。 なぜなら、入念な法規制に、創り手の高い理念が加わり、街づくり成功の必要十分条件が揃うのだから。

街づくりのコンテクストに、理念の埋入をお薦め致します。

そう考える、弊サイト『まちづくりPRネット』は、来訪者(ファン)を増やすインターネット広報技術をオープンに(無料配布)することで、「すべての地域を元気にしたい」という運営理念を、サイト内ページのここかしこに刻んでいます。

以上、貴方の地域の再生、振興のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > まちづくり3法 > ネットPRノウハウ > リンク
Copyright (C) 2008-2009 Town-PR. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク
    Social Media Box
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ