まちづくりPRネット

ホスピタリティ溢れるネットPR技術を新機軸に、地方創生に役立つノウハウをご提供しています。

グランドデザイン

ソーシャル広報ポータルサイト 『まちづくりPRネット』

公式HPネットPR動画PR会議室サイトマップ運営者想いContactUs

日本三名園のひとつ、特別名勝「岡山後楽園」の情景。 2008.10.28 『 ネットPRで賑わう地域の元気

 まちづくりPRネットは、ブランド構築アドバイザー、サンベルディエールの情報提供Webサイト。

月額運営コスト約340円のビジネスブログにより、ホスピタリティ産業としてのまちづくりに欠かせない理念の創造および地域おこしを促すべくWeb活用ノウハウをご提供して、インターネット広報技術の地域浸透を目指します。 ネットPR技術のWebによる提供は、ビッグデータを扱う地方のデータサイエンティストの技能を高め、地域ブランド構築を活性化することから、地域振興に貢献できるものと期待しています。 “ すべての地方を元気にしたく ”

まち・ひと・しごと創生本部との協業を視野に入れ、未来の岡山のグランドデザインを市民視点で考える。

まちづくりは時代の潮流 考察のページ
おかやま都市ビジョン研究会 Webサイト

グランドデザインおかやま構想 』

地方の魅力を発信するFacebookページ あいらぶ岡山 を運営したり、おかやま都市ビジョン研究会 の広報Webサイトを新設したり。

岡山の健やかな未来に貢献したく、勝手使命に帯びて東奔西走の有り難い毎日をすごすワタクシ。皆さま、お元気ですか? と、さっそく。 昨今、紙面を賑わせる内閣官房「まち・ひと・しごと創生本部」に注目しばし。未来指向の まちづくりを目指す一人として、まち・ひと・しごと創生本部 設置の目的に、共感する点を幾つも見い出し、同本部との連携や協業の模索を真剣に考え始めた只今です。 下記は、まち・ひと・しごと創生本部の特設ページより引用。
 人口急減・超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対し政府一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、平成26年9月3日、まち・ひと・しごと創生本部を設置しました。 ( まち・ひと・しごと創生本部の設置について.pdf

さらに、首相官邸ページ “ 平成26年9月5日 まち・ひと・しごと創生本部事務局看板掛け・訓示 ” ページより安倍総理のお言葉を抜粋。
 地域の創生は、石破大臣と私は全く同じ考えでありますが、まさに、マクロ的なアプローチよりもミクロ的にアプローチをしていく。各地域それぞれ事情が違いますから、それぞれ別のやり方、別の視点も持たなければならないと思います。
 もちろん、共通の課題が沢山あるのも事実ではありますが、大切なことは、地域ごとの良さを生かしていくという事ではないかと思います。皆さんには、どんどんアイディアを出していただく。あるいは、アイディアを持っている人をどんどん探し出して、そういう人たちのアイディアを活用していく。そして地域のニーズを、しっかりと地域の良さを、特性を、未来を捉えていくことではないかと思います。 ( 政府インターネットテレビへ )



県民市民の視点で健やかな地方の未来を考える!

上述に呼応し、岡山の良さを活かすため、地域社会を支える現場で頑張るプレイヤー皆さまのアイデアを引き出し、あるいはアイデアを温めている人々を探し出し、現場主義に則り、未来をより健やかにするための “ おかやま都市ビジョン ” を県民市民の手で創る活動が極めて大切。おかやま都市ビジョン研究会まちづくりチームは今は非力ではありますが、既に無力ではありません。市町村の境はもとより県境を越え、まち・ひと・しごと創生本部と連携したく。まちづくりPRネット。当Webサイトで静かに呟き、来たるその日に向けて備えます !!



[ YouTube ANNnewsCH さんのチャネルよりシェアしたニュース動画 ]

以上あなたの街の、成長のためのアライアンスのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > まち・ひと・しごと創生本部 > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.

おかやま都市ビジョン研究会と、岡山首都化計画。

岡山市のグランドデザイン考察のページ
満月BAR | 岡山☆彡 2014.6.14〔SAT〕

若返る岡山市のダイナミズム

地域により大きく異る、新しい時代のための新しいまちづくりを標榜する私は、時の許す限り、地域のイベント参加に努めています。

長年の職業柄か、マーケターとしての習慣は今なお深く染み付いており、現場を訪ねて観て聞き触れて、みずから感じたことを体系化・言語化する作業は今なお楽しくってやめられず。で、マイ手帳を開かば、5月31日「アペリティフの日」、6月1日「京橋朝市」「岡山市民の日のマルシェ」、6月6日「おかやまハワ恋ビアフェスタ in 西川 2014」、6月8日は「岡山後楽園お田植え祭」。6月14日「AMDA-MINDS感謝祭2014」へ日本記念日協会の代表理事をご案内し、その後は「満月BAR」へ。6月15日は「おかやま都市ビジョン研究会」と目白押し。

はてさて上述ラストのおかやま都市ビジョン研究会とは、自治体が策定した「岡山市都市ビジョン」とは別に、岡山市民の視点に基づき健やかな地域の将来像を描き出す、未来指向の研究会。既得権益の争奪や利害得失に左右されない崇高な着想が活かされる、遠い子孫のためのグランドデザインの創出に期待して、私もワクワク参加しています。

と、そんな折。飛び込んできた Cho-Ron 超論文プレゼン大会岡山首都化計画 審査員に市長が参加 @ 満月BAR ” のニュース。そういえば満月BAR の特設テーブルで、かの起案者と乾杯したっけ…と振り返りつつ、自由闊達な若い発想が実際にカタチになってきた嬉しい現実を目の当たりに今秋。イオンモール岡山の開業を契機に、豹変してゆく岡山市のダイナミズムを痛感たちまち待ち遠しく感じる人は、少なくないと想います。2006年、大阪府より岡山市へ移住したワタクシ。急速に若返る岡山市が面白くって仕方ありません(^−^)d

あるある “ Cho-Ron 岡山首都化計画 ” 夢もアルアル

[ YouTube taguchannel さんが配信しているソーシャル広報動画 ]

もうひとつ、2014年6月8日〔日〕 岡山後楽園のお田植え祭

[ YouTube サンベルディエールChannel より配信しているソーシャル広報動画 ]

以上、あなたの街の地域おこしのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 中心市街地イベント > 都市ビジョン > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.

What's フューチャーセッション? 市民の想いが未来を創る。

おかやま都市ビジョン考察のページ

おかやま都市ビジョン研究会 設立総会
フューチャーセッション in 岡山

2014年5月22日(木)。Facebook フレンドが招待してくれた “ フューチャーセッション in 岡山 @ キックオフ ” にピクンと反応し、忽ち参加をクリック。株式会社フューチャーセッションズさんの Our Vision に記されている通りフューチャーセッションは、よりよい社会の実現に向けて、企業、政府・自治体、NPO・市民のそれぞれが連携し、新たな社会システムへの進化を促す場――。

正に今、スタートアップを目論む “ 岡山市のグランドデザイン ” 創りに臨み、珠玉の教示を様々持ち帰ることに成功。感謝の念に堪えません。

ありがとうございました m(__)m


[ Future Sessions Inc. さんのWebサイトで配信されているプレゼン動画 ]


おかやま都市ビジョン研究会

そうして2014年5月25日(日)はピュアリティまきびにて、樋渡啓祐武雄市長をゲストスピーカーにお迎えした “ おかやま都市ビジョン研究会 設立総会 ” に参加。

ご参考 : 著書『 沸騰! 図書館 』『 首長パンチ 』 対談 : 高井たかし

その基調講演は濃密で、この先、未来の街づくりにワクワク感を与えてくれる話題が続々。福祉を支えるには税収増が必要で、儲かる自治体(武雄市)を目指すネットショップ “ 武雄 satisfaction guaranteed ” 立ち上げのオモシロ話や、市役所の改革をはじめた当時は(定年含む)33% もの職員さんが辞めたというヤル気に相関する興味深いお話。代官山 蔦屋書店の店内構成を TTP(徹底的にパクる)した強かな “ 武雄市図書館 ” 構想から実現の逸話や、明治5年以降 引き継がれてきた黒板学習スタイルを変革するかもしれない花まる学習会との官民一体型の協業は圧巻。「月曜日が待ち遠しくなる、子供たちが世界一行きたいと思う小学校を作る」という樋渡武雄市長の言葉には、ズシンと魂に響くものがありました。

日本は教育立国でいくしかないでしょう――。は、がばい印象深かった…。 新しい概念や考え方をどんどん採り入れて、新しい世代のための健やかな街づくりに努めていかなくてはいけないな…。そんなクリエイティブな思考が湧き上がる、本当にステキな基調講演を共有することができました。あらためまして皆さま、ありがとうございました !!

“ ご参考 花まる学習会

[ 花まる学習会さんのWebサイトで配信されているプレゼン動画 ]

以上、あなたの街の都市ビジョン創りのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > イベント > おかやま都市ビジョン > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.

グランドデザインおかやま ☆彡 午年に描く、世界遺産登録。

岡山の未来をデザインするページ

旧 内山下小学校 跡地
『 あるある世界遺産おかやま

2014年1月11日。日本経済新聞『 砂上の楼閣で終わらない エコの現実 リアルの逆襲 第9回 』でマスダール・シティに関する記事を読み、グローバルレベルで豹変してゆく未来のコンパクトシティをイメージしておりました。

その転結は、岡山市に暮らす私達にとって他人ごとではなく、今秋 イオンモール岡山の開業以降、岡山市が様変わりしてゆく未来の想像も難くなく予測を遥かに上回る勢いで100万都市の仲間入りを果たす事象を想定し、それが正しいとするなら理想の公共交通は LRT より地下鉄が適正かも知れないし、さらに日本の将来を健やかに支えていくスマートシティとして人口100万人を軽々突破するなら JR岡山駅の連続立体交差工事は必然のそれ。そうやって岡山の都市化が高度に進むとすれば歴史を懐古する岡山市の都心創生まちづくり構想も、いわばゼロベースに戻して 100年〜1000年先の健やかな未来を創出するための、グランドデザインの再構築に迫られそう。と、突飛な考えに基づき、未来予想を描いてみました。


そうしている間にも地域おこしに熱心なエリアでは様々議論や討論、ワークショップがなされており、4年も前には岡山後楽園と岡山城を一体運営(園城一体)すべきという主旨の議事録を拝読したり、また、当該エリアをパリの「モンマルトル」をイメージして再開発してはどうか。といった未来志向で、とても建設的なご提言がなされていたのは嬉しい驚き。

折しも2014年1月9日の記事「内山下小跡地活用へ意見を」は、“ 旧内山下小学校跡地の活用を考える会 ” への住民参加を呼びかけているわけですが、重要なことは、適度に広い小学校跡地は急成長してゆく岡山市の名所旧跡エリアに位置していることから、数十年先〜数百年先に暮らしているであろう子孫の豊かな生活を考えた上で結論づけられるべき。建物ハコモノありきで考えるのではなく、未来のデザインありきで考えるべく大事な案件

そうなると問題は、あまりにも壮大で気の遠くなるような仕事、グローバルレベルで未来をデザインするのは誰か。誰がどうやってグランドデザインを創造するのか。続々命題が展開されるなか選択の一つに採択しておくべきは、岡山後楽園と岡山城の一体運営をも包括する観光特区の実現や、場合によっては国家戦略特区を活用するという発想も必須になるかも知れません。未来へ続く「おかやま希望のニュース」をあらためて、ご紹介いたします ^^。

2006年に岡山県へ移住してきたワタクシ。世界遺産おかやまの実現を目指し、今後もない知恵しぼってアイデアを捻り出しますので、何卒よろしくお願いいたします !!


[ YouTube SunVerdir チャネル。政令指定都市 岡山市の紹介PR動画 ]


以上、あなたの地域のまちづくりのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 世界遺産おかやま > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.

サーチ & ソーシャル・ボタン
例) 広報 観光 動画PR 後楽園など

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク
    Social Media Box
    Blog パーツほか
    おかやま専門家NAVIバナー
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    まちづくりPRネット ホスピタリティ溢れるネットPR技術を中心に、地方活性化に役立つノウハウをご提供しています。