まちづくりPRネット

Society 5.0 地方創生に役立つデジタルマーケティング技術の共有ブログ

まち・ひと・しごと創生本部

岡山県にヤル気を注ぎ、健やかな未来に臨む、地方創生特区。 “ まち・ひと・しごと創生本部 ” との連携を切望します!

ブログネタ
国家戦略特区 に参加中!
公共交通改革特区へ名乗りを上げるページ

バス停だらけの岡山市の、交通渋滞問題の本質。
おかやま創生総合戦略の1丁目1番地 』

好天に恵まれる晴れの国であり、起伏の少ない平坦な土地柄を活かす岡山市の観光戦略の起点は、公共交通機関のドラスティックな改革。それが急務と考えているワタクシ。

平坦であるがゆえ、たしかに岡山市は自転車の好適地であり “ ももチャリ ” が拡張していくことは歓ばしいことながら、それでも願わくば、岡山市を訪れる皆さまにはニコニコ笑顔^^で街なかを闊歩いただきたい。ならば街なかへ誘い観光名所までの徒歩を促すおかやま桃太郎大通りの歩行者天国化や、街なかを循環するコミュニティEVミニバスなど、県民・市民に親しまれ、岡山への来訪者に喜ばれるペデストリアンデッキや公共交通機関の整備は必須。


その際どうしても避けて通れないのが、岡山の公共交通の抜本的な改革


地方創生特区おかやまの実現は、岡山の公共事業改革の一丁目一番地 !! 』
〜 おかやま “ 公共交通改革特区 ” 選定を目指すキャンペーン 〜

民間企業だけでは整備できない公共交通事業の歴史的丸投げにより温存されてしまった岡山の、ガラパゴスな公共交通システムを維新するには早急に岡山市交通局の新設が必要と考え、取り急ぎソーシャル署名キャンペーンをスタートアップした次第です。


さりとて上述。岡山市交通局の新設に際し、交通局のノウハウを持たないばかりか、請負企業との過去からのシガラミに縛り付けられた岡山市や岡山県。彼ら独自では、膨大な費用と時間を費やしてしまうため、どうしても “ まち・ひと・しごと創生本部 ” との連携、協業が必須と考え、Change.org.活用キャンペーンの提言先の筆頭に設定させて頂きました。


岡山県、岡山市。両首長にも提言を敢行 !! 』

岡山県には「県政への提言」ページが、岡山市には「市政全般についてのご意見・ご提案」ページが開設されており、また、上記の岡山県下における公共交通機関の再生には膨大なノウハウと莫大な費用が必要であるがゆえ、2014年12月22日〔月〕両首長に宛てた提言をもって岡山県、岡山市としての「地方創生特区への取り組み」を促しました。


しかしながら過去に行った提言(1. 2013年6月17日付。国家戦略特区に関連した「観光特区」提言、2. 2014年4月1日付。街なか回遊性の向上に関連した「循環型EVバス」提案)についてはいづれも梨の礫であったことから、過度の期待を寄せてはならないと自らに言い聞かせながらも、我が郷土を健やかに変革していこうと頑張る他府県の成功事例に接するたび、やはり努力を放棄してはイケないと考え、首長への提言に再チャレンジした次第。

政府インターネットテレビ “ 徳島県神山町のサテライトオフィス視察

私は非力だが、無力ではない。岡山地方より協業を呼びかけ、創発のプラットフォームを整備し、来たるその日に向けて備えて参ります。なお岡山県の登録専門家としてアライアンスの用意を整えておりますので、まち・ひと・しごと創生本部および地方自治体の皆さまは必要に応じ、お声掛けください。 その節は何卒よろしくお願いいたします !!

もんげー岡山をサポートする FBページ “ あいらぶ岡山 ” 運営メンバー 菅野敦也

やる気のある地方 “ 首相「地方創生へ15年春に特区」


[ YouTube ANNnewsCH さまのチャネルよりシェアさせて頂いたニュース動画 ]

地方創生総合戦略 “ エネルギーコスト対策 ” from 首相官邸.

以上、成長を目指す皆さまの街の、アライアンスのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > おかやま創生総合戦略 > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.

西川アゴラ、おかやまスポーツプロモーション研究会(SPOC)。将来ビジョン、まちづくり創生に華咲く岡山市。

おかやま都市ビジョン研究会 連携ページ
おかやま都市ビジョン研究会 Webサイト

地域ストーリー作り研究会 by 経産省. 』

地方の魅力を発信するFacebookページ あいらぶ岡山 を運営したり、おかやま都市ビジョン研究会 の広報Webサイトを開設したり。

岡山の健やかな未来に貢献したく、勝手使命に帯びて東奔西走の毎日をすごすなか皆さま、お元気ですか? と、先般。内閣官房「まち・ひと・しごと創生本部」に関するエントリーまもなく、10月22日には経済産業省により「第1回 地域ストーリー作り研究会」が開催されており、新たな時代の街づくりを研究する一員として、興味深く注目している只今。

あわせて岡山地方においても地元紙を通じて、県民・市民が主体になった街づくり研究に関するニュース記事を散見できるようになり、とても嬉しく想います^^。
魅力ある商店街 将来ビジョンは 岡山・表町連盟青年部会が作成へ ” 9月25日.
岡山大「西川アゴラ」オープン 市民と連携、まちづくりの拠点に ” 10月20日.
まちづくり拠点 県都再構築へ総力結集を ” 10月24日 山陽新聞さん社説.
スポーツ核に岡山のまちづくり 経済団体など SPOC研究会設立 ” 10月28日.
 2015年12月5日オープン。イオンモール岡山の まちづくり “ haremachi


ほかにも日本三名園の一つ。特別名勝 “ 岡山後楽園 ” の門前町、出石町〜弓之町を元気づけるために 2001年に発足された『出石をどねぇんかする会』や、“ 福岡醤油建物プロジェクト ” など様々な地域振興の施策に取り組まれている『岡山カルチャーゾーンまちづくりの会』が早くから活躍されており、岡山の街づくり気運の高まりは、いよいよ。



県民・市民の穏やかな連携により、健やかな地方の未来を考える!

岡山県の地の利や、天然リソース。恵まれた晴れの国の利点をキッチリ活かせば “ 日本一快適に暮らせる街おかやま ” の実現は難くないと確信しているワタクシ。地域社会を現場で支えてくださる頑張るプレイヤー皆さまのアイデアを引き出し、あるいはアイデアを温めている人々を探し、現場主義に則り、未来をより健やかにするための “ おかやま都市ビジョン ” を県民・市民の手で創る、実りを伴う活動が極めて大切と考えています。

おかやま都市ビジョン研究会や “ 岡山未来づくりプロジェクト ” はもとより、健やかな岡山の未来を実現しよう!という崇高な目的において一致する、あまねく地域おこし研究会と緩やかに連携することで、岡山の近未来のグランドデザインは洗練されてゆく。そのように考え、“ まちづくりPRネット ” より各々研究会に協業を呼びかけ、創発のプラットフォームを整備して、来たるその日に向けて備えて参ります。よろしくお願いいたします !!



[ YouTube PanasonicVisualsCo さんのチャネルよりシェアしたイメージ動画 ]

以上、成長を目指す皆さまの街の、アライアンスのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > まちづくり研究会 > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.

まち・ひと・しごと創生本部との協業を視野に入れ、未来の岡山のグランドデザインを市民視点で考える。

ブログネタ
国家戦略特区 に参加中!
まちづくりは時代の潮流 考察のページ
おかやま都市ビジョン研究会 Webサイト

グランドデザインおかやま構想 』

地方の魅力を発信するFacebookページ あいらぶ岡山 を運営したり、おかやま都市ビジョン研究会 の広報Webサイトを新設したり。

岡山の健やかな未来に貢献したく、勝手使命に帯びて東奔西走の有り難い毎日をすごすワタクシ。皆さま、お元気ですか? と、さっそく。 昨今、紙面を賑わせる内閣官房「まち・ひと・しごと創生本部」に注目しばし。未来指向の まちづくりを目指す一人として、まち・ひと・しごと創生本部 設置の目的に、共感する点を幾つも見い出し、同本部との連携や協業の模索を真剣に考え始めた只今です。 下記は、まち・ひと・しごと創生本部の特設ページより引用。
 人口急減・超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対し政府一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生できるよう、平成26年9月3日、まち・ひと・しごと創生本部を設置しました。 ( まち・ひと・しごと創生本部の設置について.pdf

さらに、首相官邸ページ “ 平成26年9月5日 まち・ひと・しごと創生本部事務局看板掛け・訓示 ” ページより安倍総理のお言葉を抜粋。
 地域の創生は、石破大臣と私は全く同じ考えでありますが、まさに、マクロ的なアプローチよりもミクロ的にアプローチをしていく。各地域それぞれ事情が違いますから、それぞれ別のやり方、別の視点も持たなければならないと思います。
 もちろん、共通の課題が沢山あるのも事実ではありますが、大切なことは、地域ごとの良さを生かしていくという事ではないかと思います。皆さんには、どんどんアイディアを出していただく。あるいは、アイディアを持っている人をどんどん探し出して、そういう人たちのアイディアを活用していく。そして地域のニーズを、しっかりと地域の良さを、特性を、未来を捉えていくことではないかと思います。 ( 政府インターネットテレビへ )



県民市民の視点で健やかな地方の未来を考える!

上述に呼応し、岡山の良さを活かすため、地域社会を支える現場で頑張るプレイヤー皆さまのアイデアを引き出し、あるいはアイデアを温めている人々を探し出し、現場主義に則り、未来をより健やかにするための “ おかやま都市ビジョン ” を県民市民の手で創る活動が極めて大切。おかやま都市ビジョン研究会まちづくりチームは今は非力ではありますが、既に無力ではありません。市町村の境はもとより県境を越え、まち・ひと・しごと創生本部と連携したく。まちづくりPRネット。当Webサイトで静かに呟き、来たるその日に向けて備えます !!



[ YouTube ANNnewsCH さんのチャネルよりシェアしたニュース動画 ]

以上あなたの街の、成長のためのアライアンスのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > まち・ひと・しごと創生本部 > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク
    Social Media Box
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ