まちづくりPRネット

Society 5.0 地方創生に役立つデジタルマーケティング技術の共有ブログ

ネットPRノウハウ

日本一短い岡山市の路面電車を速やかに廃線する3つの理由

岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” のページ


本一短い ≒ 日本一効率の悪い岡山市の路面電車は、危険・危篤・禁断の3K電車

広く張り巡らされ広島市民に愛される路面電車 “ ひろでん ” と、日本一短い岡山市の路面電車は似て非なり。街なか幹線道路の中央を占拠することで岡山駅と郊外を結ぶパークアンドライドの実現を阻害し、岡山市の公共交通機関を久しく機能不全に陥れてきたばかりか、今となっては MaaS の導入を阻む抵抗勢力。少し考えれば子供でも判ることですが、“ クリームスキミング ” の本家は中心市街地のみを走る5Kmに満たない岡山市の路面電車であり、旧態依然とした昭和の遺物の温存と引き換えに、岡山市の公共交通の成長の芽は摘まれ続けて、郊外を走る路線バスは赤字による間引きや廃線に追い込まれ。岡山市民の損害は甚大…。

※ 路面電車の超高額な車輌価格と陸送費、軌道・架線等メンテナンス費用は莫大(比較表

 “ 注目浴びる「路面電車」、実は非効率だった! 全国のLRT導入ムードに暗雲も

MaaSCASE による時代の変化を拒む、機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の病は必然的に進行し、約4.7Kmという日本一短い ≒ 日本一効率の悪い岡山市の路面電車の延伸を敢行する、いわば地方自治体の自殺によって、岡山市の公共交通は危篤状態に陥っています。かつてマーケティング出張族として東京、大阪はもとより横浜、名古屋、仙台、札幌、京都、神戸、博多の地下鉄や、広島の路面電車に乗車すること頻繁。公共交通機関の意味と意義を痛感している私は、危険・危篤・禁断。日本一短い岡山市の3K路面電車を可及的速やかに廃線しなければならない3つの理由について、丁寧な説明を続けて参ろうと存じます。

1. 路面電車の軌道や架線は、歩行者、自転車、自動車にとって極めて危険な障害物
2. 幹線道路中央を専有する時代錯誤の路面電車により岡山市の公共交通は危篤状態
3. 禁断の街テロ(公共交通機関のストライキ)を勃発させた請負事業者は一発退場

日本一短い岡山市の路面電車の廃線理由は星の数なれども上述、主要な3点について解説を。


1. 路面電車の軌道や架線は、歩行者、自転車、自動車にとって極めて危険な障害物

街なかを徒歩や自転車で移動する私は、自身を含めて危険な場面に幾度となく遭遇しきり。

軌道・架線等のメンテナンス費用など岡山市のサンクコストは甚大です(比較表)。

喫緊の対応策
路面電車の可及的速やかな廃線による軌道・架線の撤去および、BRTの整備


2. 幹線道路中央を専有する時代錯誤の路面電車により岡山市の公共交通は危篤状態


おかやま市 MaaS プロジェクト ” いま岡山の県民・市民が議論を始めなければ、この街は終わる…

機能不全に陥って久しい岡山市の公共交通機関の問題の本質は、改善・改革の主体たるべき『岡山市交通局』を新設しない地方自治体の不作為であり、その深刻な問題を、大問題と認識していない岡山市議会・県議会の啓蒙もまた急務と言わざるを得ません。隗より始めよ。私のパブリックコメントをシェアします。


喫緊の対応策
路面電車の廃線および、BRTの整備を実現に導く『岡山市交通局』の新設


3. 禁断の街テロ(公共交通機関のストライキ)を勃発させた請負事業者は一発退場

2019年7月10日。産経新聞社の記事『格安バス認可取り消し訴訟 両備グループ「一揆」の行方

その蛮行たるや街の機能不全をもって人々を困惑させ不安に陥れるテロ行為で、将に街テロ。競合他社の事業認可取り消しを東京地裁に求めた提訴の結末にあわせ、同社は裁きを受けなければなりません。

 『 宇野バス Vs 両備バス。両者の比較に垣間見る公共の大義と経営哲学


なるほど宇野バス(宇野自動車株式会社)は利用者の利便性を追求しており、公共交通を担う企業としての美しすぎる大義がアリアリ伝わってくるばかりか、路線バスのデザインの地味さはコスト圧縮努力を印象づけるものであり、そこから透けて見える経営哲学は極めて崇高であるものとして敬服するばかりです。

喫緊の対応策
路面電車の廃線に伴う岡山電気軌道の解体と、宇野バス社によるBRT事業の開始



路面電車の速やかな廃線および、BRT化による岡山市の公共交通の再生

大正〜昭和。時代錯誤の路面電車の延伸は MaaS 時代に逆行するばかりか、岡山市の財政を早晩破綻に導く超高コストなレガシーシステム。それも約4.7Kmという日本一短い ≒ 日本一効率の悪い岡山市の路面電車の環状化の議論は馬鹿げたそれであり、LRTとBRTの費用対効果から鑑みるとき「JR桃太郎線のLRT化」などは余りにもナンセンス。機能不全に陥って久しい岡山の公共交通の問題の本質は、改善・改革の主体となるべく「岡山市交通局」を新設しない自治体の不作為であること。何よりも徒歩・自転車で街なかを回遊する人々にとって路面電車の軌道は危険極まりない障害物で、しかも架線は街の風景を台無しにする過去の遺物であることを、スマートなサイレント・マジョリティは嫌というほど知っているのです。なればこそ、

パークアンドBRTライド by おかやま市 MaaS プロジェクト.
ご参考) パークアンドバスライド|国土交通省


未来志向の街づくりを標榜し、BRTを既に導入している賢い “ 福岡市 ” “ 新潟市 ” または、導入を検討しているクレバーな都市 “ 神戸市 ” “ 岐阜市 ” さらには 宇部市 ” に倣いたいと私は考えます。


おかやま市 MaaS プロジェクト ” いま岡山の県民・市民が議論を始めなければ、この街は終わる…
岡山県議会・市議会議員の皆さま路面電車を創造的に廃線する理由 ” 是非ご議論ください!


岡山の健やかな未来のために厳しい物言いはありましたけれども、現状を打破する、地域を健全に承継する持続可能な開発目標(SDGS)への強い想いを携え、岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” を鋭意推進いたします。岡山市で夢と希望を捨ててしまった人、革新への熱い想いを失ってしまった人々にとって、拙コラムが再びニュータイプ同志みな様の「考える、きっかけ。」になれれば誠に幸いです。

※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO 菅野敦也
リベラルアーツを活かして、Online Merges with Offline(OMO)事業を推進。信用スコア(AIスコアリング)実証研究、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業4社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 路面電車の廃線理由 > リンク
Copyright (C) 2008-2019 Town-PR. All Rights Reserved.

岡山県民ポスター化計画! 地方創生、働き方改革。都会から地方へ移住したポートフォリオワーカーの、定住への道程。

ブログネタ
働き方改革 に参加中!
移住・定住者が語る地方創生の本質のページ

岡山県民ポスター化計画!『 これは楽しい、岡山県民ポスター化計画!

北海道で生まれ育ち、札幌から東京へ進学、就職。東京から大阪へ異動後、2006年に岡山へ移住。地盤・看板・鞄を持たずにキャリアチェンジを敢行したワタクシ。

振り返る10年は、なかなか怒涛でありました。

企業人として多少なり専門性を有しているとしても、地縁で強固に守られた地域の縄張りに踏み込むのはリスクが高いため、しばしサイバー空間に息を潜め、時にリアル社会へ遠征し、実績づくりを経て信頼関係を構築。

点だった実績がツナガリ始めて、菅野ワールドは只今ビッグバンのそれ…(感謝)。

岡山県民ポスター化計画!当日の長蛇の列
『 地方創生と密接に絡む、都道府県人会

2017年1月22日(日)は、岡山県内の道産子と北海道在住経験者が集う “ 岡山道産子会 ” の新年会で、しかも “ 岡山県民ポスター化計画! ” 開催の当日。

岡山道産子会の幽霊役員を担う私は、移住・定住者であるとともに、地方創生関連職に携わっていることから、迷うことなく岡山県民ポスター化計画!に馳せ参じたり…。も、会場は開始から凄い賑わいで、長蛇の列(驚)。

家族連れに、同好会等のチーム。扮装している方や、著名人など皆さまニコニコ嬉しそう。このたびの、岡山県民を主役に担いだポスター化イベントは拍手喝采。本当にお見事で、大成功を収めたものと私も嬉しく想います^^。

 企画よし! モデルよし! 岡山県よし! 三方よし !!




菅野敦也ポスター化計画 !!

はてさてワタクシ。移住・定住に至るまでの10年を振り返らば、艱難辛苦の連続。ところが、地方創生と働き方改革がセットで語られ始めた今。ポートフォリオ・ワーカーとしての活動が結実を伴う場面に差し掛かり、さすらいワークの一形態を樹立した感さもありなん。

あれほど職に就くことが難しかったのに、ここまで来ると選ぶ愉しさも…。

これより以降は実際、札幌〜東京を経て大阪から移住を敢行し、岡山での定住を果たした者として、移住を希望する方々の、某かのお役に立てるよう努めたく。岡山県民ポスター化計画!とタッグを組んで、移住好適地おかやまの魅力を発信いたします (`・ω・´)ゞ



[ YouTube 岡山県政広報チャンネル様よりシェアしたイベントPR動画 ]

あなたの街のソーシャル広報のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > ネットPR > 岡山県民ポスター化計画 > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

ブランドジャーナリズムのことなら、コンテンツマーケティングのパイオニア。Growth Hacker Inc. にご相談ください^^。

ブログネタ
ブランドジャーナリズム に参加中!
ブランドジャーナリズムに関するページ
データサイエンティスト @ 岡山.

地方創生に役立つ、
コンテンツマーケティング!


皆様、こんにちは。新年を迎えて早くも11日がすぎゆき御社はアクセル全開。エンジンは快調のことと心よりお慶び申し上げます。

さて、早速。
2006年よりサンベルディエールは、弊社のコンテンツの創作領域に “ CGMブランディング ” と名づけ、検索エンジンに愛されるコンテンツの創生に精励して参りました。その研究・開発において弊社は様々な成果(例えば右側サイドバーのページビュー数)を得るに至り、次世代型のマーケティングと呼び声の高いコンテンツマーケティングの記事に接するにつけ、コンテクストSEOの考え方、方向性そのものコンテンツマーケティングと軌を一にするものであったことに気づき、一つの達成感とともに清々しい気持ちに満たされる只今。



マーケティングに携わる者ならサイバー空間の拡張を体感的に捉えており、リアル社会との間に存在していた互いの参入障壁はメルトダウンしたことを受け入れた。そう考えるとき、次世代型のマーケターが果たすべき役割は、1. 市場を把握し、トレンドを分析。マーケットの近未来を予測することに加え、2. 少し先の市場が求めるであろう情報を予測し、予めコンテンツに仕上げておくことが重要で、例えて弊社の場合は下記に列記の通り、

・ 集客のできるレシピコンテンツおよびブランディングのサイト『幸せへの一歩
・ 上記『幸せへの一歩』からレシピを抽出、レシピ特化のサイト『レシピmomo.
・ 時事キュレーションを通じて将来トレンドを予測するサイト『ハッピーポータル
・ 岡山のコンパクトシティ化と地方創生のための提言サイト『まちづくりPRネット
・ 岡山地方のブランド化を目論み、支援する Facebookページ『あいらぶ岡山
・ 岡山地方の魅力を動画でキュレーションする YouTube 『SunVerdirチャネル
おかやま創生総合戦略を支援。地域の成長を請け負う『Growth Hacker Inc.
・ サンベルディエール各種メディアのポータルサイト『SunVerdir Official Website

未来予測を基軸とした、8つのオウンドメディアを運営しています。


コンテンツマーケティングの技術を磨いていたら、
習慣のなかでブランドジャーナリズムを会得していた!



ブランドジャーナリズムとは?

ブランドジャーナリズムに明確な定義はまだなく、文脈によって様々に解釈されている。言葉自体は、マクドナルドのチーフ・グローバルマーケティング・オフィサーである、ラリー・ライト氏が提唱した概念である。

その概念を今回のテーマに沿ってまとめると、次のようになる。

「市場で自社がどのようなポジションであるか、つまり特定のターゲットに対してひとつのメッセージを伝える(ベネフィットを明確にする)というコミュニケーション戦略は、流行遅れであり、消費者に届かない。多様な消費者に自社の商品を購入してもらうには、一方的なベネフィットの訴求ではなく、様々な角度からの中立的な情報の提供が必要である。

それによって相互コミュニケーションが深まり、ネガティブな情報も受け入れやすい土壌が醸成される」

コンテンツマーケティングから転じてブランドジャーナリズムへと、永らくマーケティングに携わっている者さえ曖昧模糊とした感覚を禁じ得ない文節を並べ立て、さらに追い打ちを掛けるようで恐縮ではありますが、下記に最新の海外レポートをリンク。


本稿では、国内マーケティング業界を先駆する企業の選択に努め、結果として4社の秀逸な文献を選出、キュレーションしておりますが、今なお草創期であることから各々概念フレームは各社の知見に基づくものであり、さらには “ マーケティング ” および “ ジャーナリズム ” という単語が本来より持ち合わせている「曖昧さ」が加わり、皆様におかれましては今ひとつストーンと腑に落ちて来ないのが実情かと存じます。そこで実務を通して体得しているサンベルディエールと致しましては、弊社制作のコンテンツを、コンテンツマーケティングとブランドジャーナリズムに峻別し、列記することで、ご理解を得られるよう試みたいと存じます。

コンテンツマーケティングを主目的に作成したコンテンツ例 】
・ “ 海鮮カレーライスの作り方。 シーフードカレーのレシピ
 検索キーワードは、「海鮮カレーライス」
・ “ 牛肉の塩釜焼きの作り方。 ローストビーフのレシピ
 検索キーワードは、「牛肉 塩釜焼き」
・ “ 岡山市(岡山県)公共交通機関の、問題の本質。
 検索キーワードは、「公共交通問題 岡山」
・ “ CGM(CitizenGeneratedMedia)ブランディング
 検索キーワードは、「CGMブランディング」
・ “ まちづくりPRネット
 検索キーワードは、「まちづくり PR」

弊社が考えるコンテンツマーケティングの主たる目的は、情報を検索している人や組織に、有用な情報をお届けすること。従たる目的は、弊社ブランド「サンベルディエール」の市場における認知度の向上。SEO技術、コンテンツ制作能力の複眼評価。


[ YouTube clutchnakanishi さまのチャネルよりシェアさせて頂いたノウハウ動画 ]

ブランドジャーナリズムを主目的に作成したコンテンツ例 】
・ 題名 “ ◯◯の作り方。 ◯◯のレシピ ” で始まるレシピ集
 顧客(読者)ターゲットは、料理家、SEO研究者ほか
・ “ 岡山市がクリアすべき 2つの課題とは。
 顧客(読者)ターゲットは、岡山市の政策局、担当者
・ “ おかやま都市ビジョンを実現に導く、20の提言。
 顧客(読者)ターゲットは、岡山県の自治体、政策部署
・ “ 岡山市(岡山県)公共交通機関の、問題の本質。
 顧客(読者)ターゲットは、岡山の交通政策局、事業者
・ “ 岡山の路面電車(LRT)推進派の、ナンセンス。
 顧客(読者)ターゲットは、岡山県民・市民、地方自治体
“ まち・ひと・しごと創生本部 ” との連携を切望します!
 顧客(読者)ターゲットは、岡山県の政策部署、担当者

記念日文化研究所への寄稿文 “ 「プチ記念日」が生まれる
 顧客(読者)ターゲットは、マーケター、イベンター、研究者
・ Change.org 利活用の “ 岡山市交通局 ” 創設キャンペーン
 顧客(読者)ターゲットは、市民、地方創生本部、岡山市
・ Facebookページ利活用の “ 統一地方選挙 ” 投票啓発CP
 顧客(読者)ターゲットは、岡山県の有権者、FBユーザー

弊社が考えるブランドジャーナリズムの主たる目的は、地域社会の課題の解決に精励する市民や、地域のグランドデザインを創造しようとする自治体や企業に、読み応えのある思想や信条をお届けし、行動(実現)を促すこと。従たる目的は、実務家としてのサンベルディエールの市場における複眼評価。および弊社がライフワークとしている社会貢献。


[ YouTube ragancommunications さまのチャネルよりシェアさせて頂いたニュース動画 ]

サンベルディエールが考える、コンテンツ・マーケティング とは?
情報の探し手(顧客)のニーズを的確につかんでコンテンツを作成し、効果的な検索キーワードをタイトルに設置するとともに、文脈のブラッシュアップ努力により、ブランド認知の向上と新たなマーケットの創造を目論む弊社サンベルディエールの諸活動。

サンベルディエールが考える、ブランド・ジャーナリズム とは?
弊社が運営するオウンドメディアや各種プラットフォームを有効に活用し、社会的な問題の抽出・解説・批評などを伝達するためのコンテンツを作成し、効果的な検索キーワードをタイトルに設置するとともに、文脈のブラッシュアップ努力により、当該企業のブランド構築のサポートと健やかな社会の創造を目論む弊社サンベルディエールの諸活動。

※ ブランドジャーナリズムのご参考として “ Forbes BRANDVOICE
※ 好相性の概念 “ ソート・リーダーシップ ( Thought leadership )

ここからが本題

手前味噌ではありますが、弊社はコンテンツマーケティングの研究・開発を通して有用な情報を早い時期から配信し、技術的に実務を極めているブランドジャーナリズムのリーディング・カンパニー。今からオウンドメディア・チームを自社内に立ち上げようと考えるチャレンジングな中小企業様や、おかやま創生総合戦略を策定し、地方創生特区を目指すやる気のある地方自治体と、まち・ひと・しごと創生本部など、健やかな地方創生を切望する企業や組織との協業に備え、弊社はブランドジャーナリズムの弛まぬ研究・開発を継続して参ります。

アランアンスに関するお問い合わせは、未来の企業★応援サイト “ ミラサポ ” 専門家検索・派遣申請ページ、または、おかやま専門家NAVIからアプローチ頂くことで某か未来志向のご提案ができるものと確信しております。よろしくお願い申し上げます。

2015年1月11日 Growth Hacker Inc. CGO 菅野敦也


ホーム > サイトマップ > 想い > ブランドジャーナリズム
Copyright (C) 2005-2015 SunVerdir. All Rights Reserved.

ソーシャルアワード( Social Award ) 2012 ☆彡

ソーシャル広報 戦略考のページ

烏城(岡山城)の桜。 2012.4.5
Social Award エントリー完了 !! 」

ソーシャルメディアを活用すれば、お金をかけずに手間かけず、地域の魅力を発信できる有難い時代が訪れました(嬉) ただし、

新しいメディア・テクノロジーの進化に敏感、しかも情報感度の高い全国各地の猛者は続々参入。ご当地ネタは百花繚乱。 2010年8月 開設の、Facebookページ「あいらぶ岡山」も、星の数ほど埋もれた岡山県の魅どころを発掘、全世界へお知らせしようと躍起です。

先手必勝の情報時代――。 はい。Webテクノロジー企業 Google さんの理念の3番目遅いより速いほうがいい」に教わり、とあるアワード・プログラムに急ぎ、エントリー。

ソーシャルアワード 2012  テーマ 〜 日本の地域を元気にするプロジェクト

テーマがとってもナイスです。FBページ「あいらぶ岡山」の運営にあたり、時々問われることのある運営の目的。それは上記のフレーズ「地域を元気にする」に尽きるわけで、各々地域を元気にすれば結果として日本全体、元気になりますよねっ ^^v という着想を確信し。

ということで、岡山県より「あいらぶ岡山サスティナビリティ・プロジェクト」と銘打ち4月2日、Facebookページ “ あいらぶ岡山 ” 早々にエントリー。 がんばりますっ ^^d

岡山後楽園の桜。 2012.4.8
[ 2012年4月8日(日) 岡山後楽園のお花見風景。 “ あいらぶ岡山 ” へリンクしてます〜ノシ ]

以上、ブログによるFacebook広報戦略のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地域活性化PR > Social Award > リンク
Copyright (C) 2008-2012 Town-PR. All Rights Reserved.

日本全国 同時多発 Facebook交流会 @ ツイ岡ランド.

ソーシャル交流イベントPRページ

ツイ岡ランド。 リンク・バナー
「 岡山から元気を発信! チーム ツイ岡山

2011年11月11日〔金〕 19時。何かが始まる…。

ズバリ。地域を盛り上げる為に活動している全国の、地域密着型のソーシャル交流団体が同一同時間に会を開催する、『 地元の元気から、日本を元気に!日本全国、同時多発Facebook交流会 』が企画されているそうで。

しかも嬉しいことに、岡山県を拠点に活躍している “ teamツイ岡山 ” が素早く参加を表明。彼らが運営している USTREAM チャネル “ ツイ岡ランド ” は既にプロの領域。地域元気を目論む ご担当者は必見のコンテンツ。

番組構成にみる企画・立案、制作ノウハウ。卓越したカメラワークに、なんといってもフレンドリー超 Like it !! な MC わのみんさんのリードが素晴らしい。 地元の魅力を広く伝えていくためのユースト運営ノウハウ満載。 ということで、

2011年11月11日〔金〕 19時は、“ ツイ岡ランド 11月号 「岡山から元気を発信!」日本全国同時FB交流企画SP ” アーンド “ カフェギャラリー茶蔵 ” さんの配信もあるそうです ^^。 なにが起きるか、どきどきワクワク とっても楽しみ〜☆

[ Teamツイ岡山さん運営のUSTREAM チャネル “ ツイ岡ランド ” より ]

以上、ブログによるイベントPR のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地域活性化PR > teamツイ岡山 > リンク
Copyright (C) 2008-2011 Town-PR. All Rights Reserved.

岡山の ご当地おでん、ご当地お鍋。 ご当地 PR

ご当地プロモーション・ノウハウのページ

人気 鉄板カクテル 桃翠 by アヴァンティー(岡山).
ソーシャルご当地PR ! いいね !! 」

ご当地カクテル 桃翠(とうすい)――。

先だって岡山人気の Bar で創作カクテルをいただく。気さくなマスターに色々教わりながら、地域のPR策を思いつく。

もともとは地域に根差した人気の料理や郷土料理など、その地の名物料理を意味するご当地グルメも、今では地域おこしの最強兵器。そこから転じて、ご当地スイーツや ご当地お鍋。ご当地カクテルに ご当地おでん。

まさに全国 津々浦々。ご当地○○百花繚乱の様相も…汗

と急ぎ、ご当地お鍋について考える…。うん、ある。 先だって投稿した “ トマト鍋のレシピ ” を想い出す。 岡山県は桃太郎トマト屈指の産地だから、桃太郎トマト鍋を、岡山地方のご当地鍋に推薦できそう。と考えた。

さらにご当地おでん。うん、あるある。2月12日は “ にっこり〔2〕いいニラ〔12〕 黄ニラ記念日 ”。岡山の名産野菜 “ 黄ニラ ” が頭に浮かび、地元の人気店で突いた黄ニラおでんを想い出す。 まさに、ご当地おでんとも。

で、そうなんです。まだまだ続くと思しきご当地○○ブーム。 全国 津々浦々で「ご当地○○」が検索されるとき、結果ページの上位に地域自慢の逸品を現出させたい。そう考え始めるご当地想いのライターさんは少なくない。と考え、先駆けて岡山自慢のご当地○○を配信しておこうと存じます ^^。

黄ニラおでん by クロちゃん.
[ Flickr SunVerdir Photos より転載している、クロちゃんの黄ニラおでん ]
( 2011年1月14日〔金〕。 EXILIM ZOOM EX-Z300で撮影 )

以上、ブログ活用による地域ブランド創出のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > ネットPRノウハウ > ご当地○○PR > リンク
Copyright (C) 2008-2011 Town-PR. All Rights Reserved.

フェイスブック(Facebook)☆ SNSサイトで、まちおこし!

まちづくりノウハウをお伝えするページ

いち鮨 ( 回転寿司 )
「 画像も動画も、フェイスブック!? 」

まちおこしに精励する者。

どうやって地域の魅力を全国へ、世界の隅々へ伝達しようかと日々考える。

その中、例えば “ あいらぶ岡山 ” など、SNS等を利活用したネットPRノウハウをお届けしているわけですが、今回は世界最大のSNS「フェイスブック」の地域振興の可能性について、簡単にレポートしたいと思います。

それでは早速、2011年2月12日(土)。 岡山県の特産野菜、黄ニラの生産とPRを通して体を張って頑張る“黄ニラ大使”を応援しようと、岡山市中央卸売市場 ふくふく通りで催された『黄ニラ記念日』イベント “ 黄ニラ祭り ” 会場へ。

その日は生憎の悪天候。も、イベント会場は熱気に包まれ、黄ニラ大使の太鼓が鳴り響く☆ 急ぎ、Facebookあいらぶ岡山から報告したところ、黄ニラ大使から「ありがと〜」や、皆さまの心温まる“いいね!”が飛び交いました(嬉)

そのフェイスブックは、世界最大のSNSでありながら、英語圏発のサービスであり日本での認知は今ひとつ。 ではありますが、まちづくりに尽力される方々には世界最高のサービスに触れて頂きたく、お伝えしたいと願う唯今です。


[ Facebook コミュニティページ あいらぶ岡山 イベント動画 ]

以上、新しい地域おこしのヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > ネットPRノウハウ > まちづくりノウハウ > リンク
Copyright (C) 2008-2011 Town-PR. All Rights Reserved.

また来るわ! と云わせる技術。 “黄ニラおでん”の巻

名店、名産品プロモーションのページ

酒・旬処 Mr. クロちゃん (店主)
「 こりゃぁ旨い! と云わされた 」

いわす、いわしたる――。 関西では強烈な意味を持つ言葉、“ いわされる ”

転勤まもない20年ほど前。 難波、道頓堀あたりの小料理屋へ次々誘ってくれた先輩達に、いわされた記憶が甦る。 どや、大阪の馳走は(関東と比べ物にならないほど)美味いやろ(先輩)。 はい、メチャメチャおいちい……(私)。 毎晩だった、そんな珠玉の想い出も。

またも転勤し、全国行脚が多くなる頃、出張先の街、いいお店で、いわされることが多くなる。 また来るわ(とても美味しかったので機会あれば また来るね。の意)は、なにわの商人衆の、店を出る際の定型句でもあった。

さて、2月12日は、にっこり〔2〕いいニラ〔12〕、黄ニラ記念日。 絶妙な味わいに、シャキッとした歯ごたえ。しかも鮮やかな黄色で宴席を彩る岡山の名産野菜“黄ニラ”は、関西料亭の御用達。 その高級食材も地元、岡山の居酒屋では、おでんの具になることもある。 そこで云わされた言葉は、また来るわ。

そう、人気店の定型句、また来るわ。 地域を元気にしようとする者、また来るわ! と云わせる技術が欲しくなる。 味を極めてステキな笑顔。人気の店舗に共通の、ホスピタリティ。 また来るわ! と聞こえる店にしばし屯し、その技術を盗んでみてはどうだろう。 で、笑顔の大将に、また来るわ! と再び云わされた><

黄ニラおでん by クロちゃん.
[ 地酒のこと旬の食材のこと、まっきーさんに色々教わりながら戴いた、
クロちゃんの黄ニラおでん。 旨い酒と美味い肴。 皆さま、ありがと〜☆ ]

以上、ソーシャルメディアによるネットPRのヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > ネットPR > 黄ニラおでんPR > リンク
Copyright (C) 2008-2011 Town-PR. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク
    Social Media Box
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ