まちづくりPRネット

ホスピタリティ溢れるネットPR技術を新機軸に、地方創生に役立つノウハウをご提供しています。

地方創生PR戦略

シェアリングエコノミー Webサイト 『まちづくりPRネット』

公式HPネットPR動画PR会議室サイトマップ運営者想いContactUs

日本三名園のひとつ、特別名勝「岡山後楽園」の情景。 2008.10.28 『 ネットPRで賑わう地域の元気

 まちづくりPRネットは、ブランド構築アドバイザー、サンベルディエールの情報提供Webサイト。

月額運営コスト約340円のビジネスブログにより、ホスピタリティ産業としてのまちづくりに欠かせない理念の創造および地域おこしを促すべくWeb活用ノウハウをご提供して、インターネット広報技術の地域浸透を目指します。 ネットPR技術のWebによる提供は、ビッグデータを扱う地方のデータサイエンティストの技能を高め、地域ブランド構築を活性化することから、地域振興に貢献できるものと期待しています。 “ すべての地方を元気にしたく ”

岡山市長選挙。市民が創るマニフェストは、インバウンド100万都市おかやま成長戦略の一丁目一番地!

世界が恋する岡山桃太郎大通り 提言ページ
岡山市長選挙2017提言書(案)

日本を支える100万都市 岡山市

先般。おかやま都市ビジョン研究会において、岡山の県民・市民みずからが創るマニフェストこそ重要と考え、『インバウンド100万都市おかやま市』構想を緊急エントリーするなか、おかやま成長戦略の筆頭に据える政策は何かを考え抜いて、一つの結論に達することができました。

岡山市の待機児童数全国ワースト2位をはじめ、深刻な問題が山積の岡山市政。街の発展リソースは十二分でありながら、岡山市はなぜ成長できなかったのか。

それは岡山市の公共交通システムは壊死しているからにほかなりません。


繰り返すまでもなく岡山市の公共交通機関は8社超の私バス・私電企業が入り乱れており、将に群雄割拠の状態。街の成長と衰退の鍵を握る社会事業であるにもかかわらず、バス企業は住民置き去りの仁義なき戦いを繰り広げ、戦国バス時代のなか互いに疲弊する各社は郊外の不採算路線で間引きや廃線を重ね、市民の暮らしを支える公共交通機関は機能不全に陥って久しく口惜しい。こんな岡山市の公共交通の再生には、今秋の岡山市長選挙が極めて重要。

街の資産とも言える公共交通インフラ事業は、そもそも企業のためではなく、住民や来訪者の移動のために整備される公共事業。肝心なことを忘れてしまった岡山市長

そこに端を発する岡山市の、公共交通問題の本質が凝縮されたJR岡山駅東口バスロータリーを放置したまま、路面電車を駅前に延伸するという議論は、あまりにナンセンス。


期限付き 岡山市交通局の新設

 岡山市交通局の3大ミッション

1.公共交通事業者の合従連衡を主導し、公共交通を再生
 a) 新交通システムBRTの導入 b) パーク&ライドの整備
 c) 自動運転車AI による公共交通デザインの描写と実現
 ※ 補完コラム ) 路面電車岡山駅前乗り入れのナンセンス

2.シェアリングエコノミー時代の公共交通インフラの整備
 a) カーシェアの整備 b) 配車サービス対応 c) ももちゃり事業

3.世界が恋する岡山桃太郎大通りの歩行者天国化事業
 a) 岡山駅ペデストリアンデッキ新設でメインストリートと直結
 b) 桃太郎大通りインバウンド歩行者天国化で回遊性を向上
 c) 岡山丸の内再開発エリア観光バスパーキング整備事業
 α) 交通マナーおかやま日本一大逆転キャンペーンの推進


次期岡山市長にお願いする政策(再生事業)の進め方は、下記。

事業の手順1. 戦国バス時代を終結させる、岡山市交通局の創生
 ※ 路面電車、めぐりんを含め、私企業の合従連衡を主導する

事業の手順2. 公共交通に関わる私企業を市が1円程度で買収
 ※ 雇用を守りつつ私企業を整理統合し、収益事業に変革する

事業の手順3. 2020年を目標に、健全化した事業を払い下げる
 ※ 以後、交通局は、インバウンド100万都市事業に注力する

上記3つのステップを踏んで岡山市の公共交通機関を再生するだけで、

1. 岡山の残念な車社会は公共交通により自然と改善がなされ
2. 通勤・通学・通院をはじめ、観光・ビジネスの移動手段は確立し
3. 県民・市民の生活の質は向上。大きな経済発展も後からついてくる

岡山市交通局創設の必要性。誰でも解る政策であるけれど、旧態依然とした組織の既得権益を返上いただく、壮大で美しい公共事業であるがゆえ、私たち岡山市民が率先垂範してマニフェストを創り上げ、次期岡山市長と一緒になって推進するしか方法はありません。



190万都市へ健やかに成長した札幌で育ち、その後は東京〜大阪等メガマーケットでのビジネスを経て2006年に岡山へ移住した私は、岡山市に秘められた高いポテンシャルに敬服するばかり。未来志向の街づくりに参画するなか、東京一極集中の日本を支えるためにも岡山市をインバウンド100万都市おかやま市へ成長させることが我が使命と覚悟しています。

この街は、機能不全に陥った公共交通機関を急ぎ再生するだけで、飛躍的な成長は始まる。次期岡山市長には是非、福岡市の “ 天神ビッグバン ” を手本にして、岡山市の公共交通機関の再生に尽力賜りたい。健やかな岡山を標榜する市民の一人として、地方創生のKOL(Key Opinion Leader)としてインフルエンサーとして。未来志向の政策提言を共有します。

 選挙イヤーの岡山市は今、変革のチャンスを手に入れました
2017年7月3日 追記 ) “ 第12回マニフェスト大賞 ” にエントリーしました !!

下記は、次期岡山市長候補に手渡す提言書(案)として

以上、世界都市を目指す岡山市にとって至宝のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 岡山市長選挙 > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

100万都市のグランドデザイン 1.駅前再開発 2.岡山城〜後楽園DMO 3.公共交通の再生。岡山市インバウンド構想

インバウンド100万都市おかやま市の提言ページ

100万都市 岡山市への、インバウンドおかやま構想日本を支える100万都市 岡山市

先般。未来志向の同志が集う 37th おかやま都市ビジョン研究会において、岡山市北区丸の内エリアの再開発に話題は展開。2014年に抱いた岡山市のグランドデザインを想起し、強烈にワクワクするので緊急エントリー。

後楽館中・高跡地の提案方式売却 ” by 山陽新聞さま.

仮にも山陽放送さまがプロポーザルを勝ち抜き同社は移転するなら、閉鎖予定の岡山市民会館跡地に旧内山下小学校及び石山公園を活用した賑わい創出事業を交え、永らく負債であった岡山城岡山後楽園エリアに宿泊施設や、お土産ブースを新設。観光バスの駐車スペースを確保し、次の世代の資産になるインバウンド(観光)の拠点に創り変えよう、という着想。

そのとき、2017年3月。既に報じられている “ JR岡山駅前市街地再開発事業 『岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業』事業協力者に決定 〜JR岡山駅前の新たなランドマークとなる、大規模複合再開発〜 ” と事業連携し、機能不全に陥って久しい岡山の “ 岡山市の公共交通機関の問題の本質 ” に住民ぐるみで取り組み解決に導くことで、岡山市は次世代型の豊かな100万都市に向けて、大きな一歩を踏み出すことになりましょう。


政令指定都市 インバウンド100万都市おかやま市への3大事業

下記、岡山市を健やかな成長に導く3つの壮大かつ重要な事業を列記。

1. JR岡山駅前市街地再開発事業 『岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業』事業協力者に決定 〜JR岡山駅前の新たなランドマークとなる、大規模複合再開発〜
 ※ 補完コラム ) 世界が恋する、桃太郎大通り !!

2. 観光特区インバウンドおかやま構想の実現
 ※ 国内外より観光のお客さまを呼び、滞在いただくための開発
 ※ ベンチマークWebサイト ) a. 北野工房のまち b. 桜の馬場 城彩苑

3. 岡山市の公共交通機関の再生、BRT導入事業



44都道府県でマーケティングしてきた、よそ者の視点

190万都市へ健やかに成長した札幌で育ち、その後は東京〜大阪等メガマーケットでのビジネスを経て、2006年に岡山へ移住した私は、岡山市の秘められたポテンシャルに敬服しています。未来志向の街づくりに参画するなか、東京一極集中の日本を支えるためにも、岡山市を豊かな100万都市おかやま市へ成長させることが我が使命であると覚悟しています。

Growth Hacker が2014年に描いたミリオンシティー岡山市の “ グランドデザイン

もはや岡山市はAI、Fintech、HRtech、自動運転車など次代のテクノロジーにおいて周回遅れだと呼ばれても、この街は秘境ともいえる天然資源、歴史文化、交通の要衝など珠玉の地域リソースを大量に埋蔵しており心配ご無用。何より私がついてる ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

冗談はさておき市長選を今秋に控えた当に選挙イヤーにあたる岡山市では、上述3つの事業に留まらず、“ ソフトボールの聖地おかやま構想 ” など未来志向の政策提言が気概の市民から続々なされるなど、岡山市長選挙は既にヒートアップの様相を呈しています。

この秋。私は岡山市を健やかに変えられる! そのように確信いたします。
※ 2017年7月3日 追記 ) “ 第12回マニフェスト大賞 ” にエントリーしました !!

さて下記は、世界都市・未来都市のロールモデルとして

[ YouTube 柏の葉スマートシティさまの街づくり提案プロモーション動画 ]

以上、世界都市を目指す岡山市にとって至宝のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 100万都市おかやま > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

10月7日は、おかやま “ 桃太郎の日 ” ☆彡

岡山市の桃太郎記念日を祝うページ
おかやまマラソン 2016.

『 10月7日! 桃太郎の日制定 !! 』

岡山の県民・市民として、さらには日本記念日協会附属 記念日文化研究所の研究員として、この日を待ちわびておりました(嬉)。

※ ご参考 : JA全農おかやま様による記念日。毎年10月10日は、

岡山県は2年前にスタートした11月開催の、晴れの国 “ おかやまマラソン ” が人気化の兆しを見せていることから、岡山市が毎年10月に催す “ 秋のおかやま桃太郎まつり ” の集客力を劇的に向上させ、おかやまマラソン2017に善い影響を及ぼす狙いも兼ねた「おかやま桃太郎の日」の制定は、記念日マーケティングの観点から鑑みても、ぼっけぇウェルカム^^。

岡山マラソンの愛称として “ おかやま桃太郎マラソン ” という提案もアリかも !?




岡山市民の日を省み、記念日の聖地倉敷に倣いたい 』

2012年。拙著、記念日の動向:記念日文化レポート その3 「都道府県の記念日から、地方創生を考える」で指摘したように、岡山市民不在のなか一部のステークホルダーによるトップダウンで制定された「岡山市民の日」は、当該ホームページが既にアイドリングになるなど血税は無駄遣いに終わり大失敗。今は、ひっそり Facebookページ 岡山市民の日が残されるのみで、例えば “ あいらぶ岡山 ” にさり気なく実装している高いサイバーマーケティング力の支えがなければ地方創生オウンド・メディアの運営は困難だ。ということを、こっそり呟いておきますネ。

※ ご参考 : プレミアムなポートフォリオワーカーは下記も運営。

ラストは、日本記念日協会ご紹介の広報動画をシェアします。


[ YouTube タウン情報おかやま様よりシェアした 2013年9月のイベント動画 ]

倉敷市を追いかける岡山市の、記念日利活用のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > ネットPR > 岡山桃太郎の日 > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

岡山県民ポスター化計画! 地方創生、働き方改革。都会から地方へ移住したポートフォリオワーカーの、定住への道程。

移住・定住者が語る地方創生の本質のページ

岡山県民ポスター化計画!『 これは楽しい、岡山県民ポスター化計画!

北海道で生まれ育ち、札幌から東京へ進学、就職。東京から大阪へ異動後、2006年に岡山へ移住。地盤・看板・鞄を持たずにキャリアチェンジを敢行したワタクシ。

振り返る10年は、なかなか怒涛でありました。

企業人として多少なり専門性を有しているとしても、地縁で強固に守られた地域の縄張りに踏み込むのはリスクが高いため、しばしサイバー空間に息を潜め、時にリアル社会へ遠征し、実績づくりを経て信頼関係を構築。

点だった実績がツナガリ始めて、菅野ワールドは只今ビッグバンのそれ…(感謝)。

岡山県民ポスター化計画!当日の長蛇の列
『 地方創生と密接に絡む、都道府県人会

2017年1月22日(日)は、岡山県内の道産子と北海道在住経験者が集う “ 岡山道産子会 ” の新年会で、しかも “ 岡山県民ポスター化計画! ” 開催の当日。

岡山道産子会の幽霊役員を担う私は、移住・定住者であるとともに、地方創生関連職に携わっていることから、迷うことなく岡山県民ポスター化計画!に馳せ参じたり…。も、会場は開始から凄い賑わいで、長蛇の列(驚)。

家族連れに、同好会等のチーム。扮装している方や、著名人など皆さまニコニコ嬉しそう。このたびの、岡山県民を主役に担いだポスター化イベントは拍手喝采。本当にお見事で、大成功を収めたものと私も嬉しく想います^^。

 企画よし! モデルよし! 岡山県よし! 三方よし !!




菅野敦也ポスター化計画 !!

はてさてワタクシ。移住・定住に至るまでの10年を振り返らば、艱難辛苦の連続。ところが、地方創生と働き方改革がセットで語られ始めた今。ポートフォリオ・ワーカーとしての活動が結実を伴う場面に差し掛かり、さすらいワークの一形態を樹立した感さもありなん。

あれほど職に就くことが難しかったのに、ここまで来ると選ぶ愉しさも…。

これより以降は実際、札幌〜東京を経て大阪から移住を敢行し、岡山での定住を果たした者として、移住を希望する方々の、某かのお役に立てるよう努めたく。岡山県民ポスター化計画!とタッグを組んで、移住好適地おかやまの魅力を発信いたします (`・ω・´)ゞ



[ YouTube 岡山県政広報チャンネル様よりシェアしたイベントPR動画 ]

あなたの街のソーシャル広報のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > ネットPR > 岡山県民ポスター化計画 > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

岡山の二郎系ラーメン “ ラーメンきずな ” さん

ラーメンきずなさん ソーシャル広報のページ

二郎系ラーメン “ ラーメンきずな ” さん
『 派生系 ラーメン富士丸さん直系 』

2017年お正月。早々手にした嬉しいニュースは二郎系ラーメン店の新規オープンを報じてくださった、お墨付き!様の “ ラーメンきずな @岡山の二郎系ラーメン 1/3新店オープン ” 。ということで、30年前に何度か食した “ ラーメン二郎 三田本店 ” さんを懐かしみ、1/8(日)。

そぼ降る雨天も何のその。意気揚々 Singin' in the Rain の気分に満たされ、開店を目がけて家人とお訪ね。ジロリアンには程遠いワタクシではありますが、素朴に美味しかったので、感謝の気持ちを込めてシェアします。

オーナーのステキな笑顔

お墨付き!様のブログに読むように、店主殿はラーメン二郎の直系(現在は派生系)のラーメン富士丸さんで修行を積まれたのだとか。

なるほど、“ ラーメン二郎三田本店 社訓 ” にインスパイアされている様子。心地よい接客のおかげで二郎という食べ物の味を懐かしく思い出しながら、K(完食)することができました^^。




次回お訪ねする時は、ラーメン富士丸さんの「国産ぶためん」に「麺ちょい足し」+全部多めを軽やかにKKするジロリアン女子に倣い、KK(完飲完食)を目指しますヽ(^o^)丿


[ YouTube rocketnews24様のチャネルよりシェアした完飲完食レポート動画 ]

あなたの街のソーシャル広報のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 中心市街地 > ラーメンきずな > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

第2回 おかやまマラソン(OKAYAMA MARATHON) 2016.

おかやまマラソン ソーシャル広報のページ

2th おかやまマラソン 2016. 国会議員の高井さん^^。
晴れの国おかやまマラソン 』

お陽さまサンサン☆彡 温暖な気候と中国山地が運ぶ山の幸に、瀬戸内海の海の幸。美味しいものが豊富で暮らしやすい、岡山県。

で、待ってました! この時を。 2016年11月13日〔日〕は、



ランニングおかやまプロジェクト

地域の魅力を世界に向けて発信するための、Facebookページ利活用の “ あいらぶ岡山 ” 運営チームは無論、おかやまマラソンの勝手ソーシャル広報に精励する所存 (`・ω・´)ゞ 取り急ぎ当Webサイトでキュレーションすべきは、“ コニカミノルタ ランニングプロジェクト ” さん。今後ゆるやかに連携を進めていこうと存じます。よろしくネ!

ほかにも様々浮かんだアイデアを、具体的なプロジェクトに仕上げ、実行したいと想います。その第一弾は、ランナー皆さまをメインストリートで讃えるための、

おかやまマラソン “ 世界が恋する、桃太郎大通り !! ” 花道プロジェクト

引き続き努めて参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします m(__)m

[ YouTube Growth Hacker Inc. チャネルよりシェアした PR動画 ]

あなたの街の地域活性化のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方創生PR > おかやまマラソン > リンク
Copyright (C) 2008-2016 Town-PR. All Rights Reserved.

岡山移住計画! 岡山を「世界一住みたい街」にするWebメディア企業 “ 岡山研究所 ” さま。祝・スタートアップ !!

移住・定住を促す “ 岡山研究所 ” 様ご紹介ページ

岡山移住計画 by 岡山研究所さま.
地方創生Web。待望の本格派

厳寒の北海道で生まれ育ち、1982年より東京に住まい、異動により1991年より大阪府に暮らし、全国津々浦々出張して各地を視察。2006年に自発的に岡山へ移住し、定住10年。

岡山は世界一暮らしやすい土地柄ではなかろうか…。そぅ痛感しているワタクシ。

今年に入り、NHK岡山放送局様の “ 東日本大震災から5年 避難者は今 ” や、山陽新聞社様が “ 震災4年 避難者多い「岡山現象」 ” を報ずるように岡山現象は顕在化。そんな折、岡山を「世界一住みたい街」にするために!をキャッチに掲げた “ 岡山研究所 ” 様が2016年9月1日、静かにスタートアップ。自称 “ 地方創生コンシェルジュ ” の私は嬉しくて仕方がありません。

無償で寄稿。クラウドライティング(Crowdwriting)を以って協力します!


なぜ移住者が多い?色々な角度から岡山の知られざる魅力を紹介!
その理由は前文の繰り返しになりますが、厳寒の北の大地・北海道で生まれ育ち、1982年より東京に住まい、異動により1991年より大阪府に暮らし、全国津々浦々出張族として各地を視察し、2006年に自発的に岡山へ移住し、定住10年を過ぎたワタクシ菅野が痛感していることは、岡山は世界一暮らしやすい土地柄。今に至っては断定的に断言いたします(^ν^)

岡山現象が立証していることは、岡山は「移住の最適地」ということ

以降。おかやま連携中枢都市圏構想や、岡山都市圏連携協議会に積極的に参画し、岡山の健やかな未来に貢献しようと存じます。目一杯やりましょう (`・ω・´)ゞ


[ YouTube 8092Channel 様よりお借りしたプロモーション動画 ]

以上、ラストは “ ニッポン移住・交流ナビ ” 様をご紹介して擱筆します ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化 > 岡山移住計画 > リンク
Copyright (C) 2008-2016 Town-PR. All Rights Reserved.

サーチ & ソーシャル・ボタン
例) 広報 観光 動画PR 後楽園など

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク
    Social Media Box
    Blog パーツほか
    おかやま専門家NAVIバナー
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    まちづくりPRネット ホスピタリティ溢れるネットPR技術を中心に、地方活性化に役立つノウハウをご提供しています。