まちづくりPRネット

ホスピタリティ溢れるネットPR技術を新機軸に、地方創生に役立つノウハウをご提供しています。

YouTube動画PR

岡山市長選挙。市民が創るマニフェストは、インバウンド100万都市おかやま成長戦略の一丁目一番地!

世界が恋する岡山桃太郎大通り 提言ページ
岡山市長選挙2017提言書(案)

日本を支える100万都市 岡山市

先般。おかやま都市ビジョン研究会において、岡山の県民・市民みずからが創るマニフェストこそ重要と考え、『インバウンド100万都市おかやま市』構想を緊急エントリーするなか、おかやま成長戦略の筆頭に据える政策は何かを考え抜いて、一つの結論に達することができました。

岡山市の待機児童数全国ワースト2位をはじめ、深刻な問題が山積の岡山市政。街の発展リソースは十二分でありながら、岡山市はなぜ成長できなかったのか。

それは岡山市の公共交通システムは壊死しているからにほかなりません。


繰り返すまでもなく岡山市の公共交通機関は8社超の私バス・私電企業が入り乱れており、将に群雄割拠の状態。街の成長と衰退の鍵を握る社会事業であるにもかかわらず、バス企業は住民置き去りの仁義なき戦いを繰り広げ、戦国バス時代のなか互いに疲弊する各社は郊外の不採算路線で間引きや廃線を重ね、市民の暮らしを支える公共交通機関は機能不全に陥って久しく口惜しい。こんな岡山市の公共交通の再生には、今秋の岡山市長選挙が極めて重要。

街の資産とも言える公共交通インフラ事業は、そもそも企業のためではなく、住民や来訪者の移動のために整備される公共事業。肝心なことを忘れてしまった岡山市長

そこに端を発する岡山市の、公共交通問題の本質が凝縮されたJR岡山駅東口バスロータリーを放置したまま、路面電車を駅前に延伸するという議論は、あまりにナンセンス。


期限付き 岡山市交通局の新設

 岡山市交通局の3大ミッション

1.公共交通事業者の合従連衡を主導し、公共交通を再生
 a) 新交通システムBRTの導入 b) パーク&ライドの整備
 c) 自動運転車AI による公共交通デザインの描写と実現
 α) 公共交通車輌優先システム(PTPS)の採用および実用化
 ※ 補完コラム ) 路面電車岡山駅前乗り入れのナンセンス

2.シェアリングエコノミー時代の公共交通インフラの整備
 a) カーシェアの整備 b) 配車サービス対応 c) ももちゃり事業
 α) スマートシティのTOD(Transit Oriented Development)の実現

3.世界が恋する岡山桃太郎大通りの歩行者天国化事業
 a) 岡山駅ペデストリアンデッキ新設でメインストリートと直結
 b) 桃太郎大通りインバウンド歩行者天国化で回遊性を向上
 c) 岡山丸の内再開発エリア観光バスパーキング整備事業
 α) 交通マナーおかやま日本一大逆転キャンペーンの推進


次期岡山市長にお願いする政策(再生事業)の進め方は、下記。

事業の手順1. 戦国バス時代を終結させる、岡山市交通局の創生
 ※ 路面電車、めぐりんを含め、私企業の合従連衡を主導する

事業の手順2. 公共交通に関わる私企業を市が1円程度で買収
 ※ 雇用を守りつつ私企業を整理統合し、収益事業に変革する

事業の手順3. 2020年を目標に、健全化した事業を払い下げる
 ※ 以後、交通局は、インバウンド100万都市事業に注力する

上記3つのステップを踏んで岡山市の公共交通機関を再生するだけで、

1. 岡山の残念な車社会は公共交通により自然と改善がなされ
2. 通勤・通学・通院をはじめ、観光・ビジネスの移動手段は確立し
3. 県民・市民の生活の質は向上。大きな経済発展も後からついてくる

岡山市交通局創設の必要性。誰でも解る政策であるけれど、旧態依然とした組織の既得権益を返上いただく、壮大で美しい公共事業であるがゆえ、私たち岡山市民が率先垂範してマニフェストを創り上げ、次期岡山市長と一緒になって推進するしか方法はありません。



190万都市へ健やかに成長した札幌で育ち、その後は東京〜大阪等メガマーケットでのビジネスを経て2006年に岡山へ移住した私は、岡山市に秘められた高いポテンシャルに敬服するばかり。未来志向の街づくりに参画するなか、東京一極集中の日本を支えるためにも岡山市をインバウンド100万都市おかやま市へ成長させることが我が使命と覚悟しています。

この街は、機能不全に陥った公共交通機関を急ぎ再生するだけで、飛躍的な成長は始まる。次期岡山市長には是非、福岡市の “ 天神ビッグバン ” を手本にして、岡山市の公共交通機関の再生に尽力賜りたい。健やかな岡山を標榜する市民の一人として、地方創生のKOL(Key Opinion Leader)としてインフルエンサーとして。未来志向の政策提言を共有します。

 選挙イヤーの岡山市は今、変革のチャンスを手に入れました
2017年7月3日 追記 ) “ 第12回マニフェスト大賞 ” にエントリーしました !!

下記は、次期岡山市長候補に手渡す提言書(案)として

以上、世界都市を目指す岡山市にとって至宝のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 岡山市長選挙 > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

岡山移住計画! 岡山を「世界一住みたい街」にするWebメディア企業 “ 岡山研究所 ” さま。祝・スタートアップ !!

移住・定住を促す “ 岡山研究所 ” 様ご紹介ページ

岡山移住計画 by 岡山研究所さま.
地方創生Web。待望の本格派

厳寒の北海道で生まれ育ち、1982年より東京に住まい、異動により1991年より大阪府に暮らし、全国津々浦々出張して各地を視察。2006年に自発的に岡山へ移住し、定住10年。

岡山は世界一暮らしやすい土地柄ではなかろうか…。そぅ痛感しているワタクシ。

今年に入り、NHK岡山放送局様の “ 東日本大震災から5年 避難者は今 ” や、山陽新聞社様が “ 震災4年 避難者多い「岡山現象」 ” を報ずるように岡山現象は顕在化。そんな折、岡山を「世界一住みたい街」にするために!をキャッチに掲げた “ 岡山研究所 ” 様が2016年9月1日、静かにスタートアップ。自称 “ 地方創生コンシェルジュ ” の私は嬉しくて仕方がありません。

無償で寄稿。クラウドライティング(Crowdwriting)を以って協力します!


なぜ移住者が多い?色々な角度から岡山の知られざる魅力を紹介!
その理由は前文の繰り返しになりますが、厳寒の北の大地・北海道で生まれ育ち、1982年より東京に住まい、異動により1991年より大阪府に暮らし、全国津々浦々出張族として各地を視察し、2006年に自発的に岡山へ移住し、定住10年を過ぎたワタクシ菅野が痛感していることは、岡山は世界一暮らしやすい土地柄。今に至っては断定的に断言いたします(^ν^)

岡山現象が立証していることは、岡山は「移住の最適地」ということ

以降。おかやま連携中枢都市圏構想や、岡山都市圏連携協議会に積極的に参画し、岡山の健やかな未来に貢献しようと存じます。目一杯やりましょう (`・ω・´)ゞ


[ YouTube 8092Channel 様よりお借りしたプロモーション動画 ]

以上、ラストは “ ニッポン移住・交流ナビ ” 様をご紹介して擱筆します ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化 > 岡山移住計画 > リンク
Copyright (C) 2008-2016 Town-PR. All Rights Reserved.

毎年7月4日は “ なんしょん?の日 ” (*˘︶˘*).。.:*♡ 地方創生メガ競争から抜け出す地域の、記念日文化とは !?

なんしょん?の日 ” ソーシャル広報のページ

なんしょん?の日

記念日文化が醸す、地方創生の可能性

先日。岡山メディア界のリーディングカンパニー OHK岡山放送さまのプレスリリースを拝見し、記念日文化研究所にジョインしているワタクシ。とっても嬉しい気持ちになりました。

なっ…なんと!? 毎年7月4日は “ なんしょん?の日 ” ☆彡

ということで、OHK岡山放送さまは世界初となる番組名『なんしょん?』での記念日登録申請を行い、一般社団法人 日本記念日協会に認定、登録されたというポジティブ・サープライズヽ(^o^)丿 これは激化する地方創生都市間メガ競争において、地域に記念日文化を根づかせ一歩抜け出して行くための、率先垂範のロールモデルとして期待するところ超特大 (`・ω・´)ゞ

ことさら岡山県岡山市は “ 毎年6月1日は岡山市民の日 ” で壮大な失敗を演じていることから、今後。岡山県下での記念日登録の成功事例として、期待は高まるところです(喜)。


記念日文化が醸す、岡山県の可能性

なんといっても岡山県の記念日文化は全国屈指! 例えば・1月25日は “ 菅公学生服の日 ” を皮切りに、・1月27日は “ 船穂スイートピー記念日 ” 、・2月12日は “ 黄ニラ記念日 ” 、・3月18日は “ 点字ブロックの日 ” 、ぽかぽか湯気の出ている・6月26日は “ 露天風呂の日 ” 、・10月4日は “ ジューCの日 ” 、・10月10日は“ 岡山県産桃太郎トマトの日 ” 、・10月26日は “ デニムの日 ” ほか、これまた圧巻なのは岡山県倉敷市の日本で初めて認定された “ 記念日の聖地 ” ♡


[ YouTube タウン情報おかやま様Channel より配信されている広報動画 ]


記念日文化が拡張する、岡山県の可能性

以下は岡山県内での記念日提案と致しまして、例えば・2月3日は “ 新見の日 ” 、“ 岡山市民の日 ” を補完する意味で・6月1日は “ あいらぶ岡山の日 ” 、・4月5日と9月3日は “ 方谷さんの日 ” 、10月9日は “ 天空の山城の日 ” などなど楽しいアイデア続々またぞろ^^。

毎年必ずやってくる記念日は、地方創生の起爆剤!
 地方自治体で頑張る熱い皆さまは、ぜひ一度ご検討くださいませ !!


以上、ブランドジャーナリズム利活用のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方創生 > なんしょん?の日 > リンク
Copyright (C) 2008-2016 Town-PR. All Rights Reserved.

第23回 うらじゃ 2016 〜幹〜 お祭りPR

おかやま桃太郎まつり ” のページ

うらじゃ 2016

元気はつらつダンス祭

うらじゃ 2016 ” のテーマは 〜〜 こころ晴れ晴れ おかやま魂――。 岡山市のダンスの祭典 “ うらじゃ ” へ、おいでんせぇ〜ノシ 演舞場は JR岡山駅至近 (^−^)。

おかやま桃太郎まつり の開催は、2016年8月6日(土) 〜 2016年8月7日(日)。あわせて “ 第43回 納涼花火大会 ” は、2016年8月6日(土)と報じられています。


[ YouTube サンベルディエールChannel より配信しているHD動画 ]
( 2014年8月3日〔日〕、EXILIM ZOOM EX-ZS180で撮影。 (株) ロイロの編集ソフト、スーパーロイロスコープ〔製品版〕にて制作、投稿した動画 )

以上、共有動画によるイベントPRの参考になれば幸いです。


TOP > サイトマップ > ネットPR > 動画PR > うらじゃPR > リンク
Copyright (C) 2008-2016 Town-PR. All Rights Reserved.

未来食堂 for Okayama. 地方創生の本性は、地域の健やかなグランドデザインを描ける人財の争奪戦。

おかやま未来食堂プロジェクト構想のページ
“ 未来食堂 ” for Okayama. 岡山の未来をあつらえます

事業構想大学院大学

2月14日(日)。ひょんなことから事業構想 Project Designさんの付加価値の高い貴重なコラム、『成熟産業にチャンスあり 元クックパッドのエンジニアが起業 飲食店の常識を覆す「未来食堂」』を紹介いただき、一気に拝読。

未来食堂は、あなたの希望に合わせておかずをあつらえる小さな定食屋です。また、未来食堂では珍しい本を閲覧できます。画集や写真集が多く揃います――。



[ YouTube SOTOFUMI ARA 様のチャネルよりお借りした取材動画 ]


『 一言で言えば、一目惚れ! 2月14日(日)のFBシェア 』

地方創生を標榜する者ならチェックしてるであろう事業構想大学院大学〔 http://www.mpd.ac.jp/ 〕のコラム『成熟産業にチャンスあり 元クックパッドのエンジニアが起業 飲食店の常識を覆す「未来食堂」〔...

Posted by 菅野 敦也 on 2016年2月14日


『 紹介プレゼンに備えた 2月15日(月)学びのFBシェア 』

おかやま未来食堂プロジェクト(未来食堂 for Okayama.)昨日、Project Design - 月刊「事業構想」1月号のコラム『成熟産業にチャンスあり 元クックパッドのエンジニアが起業 飲食店の常識を覆す「未来食堂」〔...

Posted by 菅野 敦也 on 2016年2月15日


『 紹介プレゼンを終えた 2月17日(水)気づきのFBシェア 』

地方創生の本質は事業構想を描き、完遂できる人の争奪戦! 未来食堂〔 http://miraishokudo.com/ 〕さんの紹介プレゼンを経て得られた果実。ひょんなことから昨夜はプレゼン機会を拝領し、未来食堂 for Okayama....

Posted by 菅野 敦也 on 2016年2月17日


ギークな彼女がスーツの彼らをもてなす。というパラダイムシフトと、5秒で食事が出てきて10秒で食べ始められるという、ビジネスパーソン究極のおもてなしは、お見事。

2月14日(日)コラムの中で小林せかいさんと出逢い、彼女のオープンコンテンツから様々学びを頂戴し、多様な気づきを授かった。すでに起こった都市間の大競争において、わたくし菅野が為すべきことが一つ判った。コンテンツ・マーケティング、ブランドジャーナリズムを極めること。

地方創生の本質は、地域の健やかなグランドデザインを描ける人財の争奪戦

呼び込みのコンテンツを洗練し、岡山へのパンくずリストを充実することで、いつの日か自発的に小林せかいさんに岡山へ移住いただく。その目論見を、こっそりオープンスペースに放っておこうと想います(これも呼び込みのコンテンツ)。中国山地の山の幸、瀬戸内海の海の幸に恵まれた、一級河川を3本も有する晴れの国。岡山の暮らしやすさは日本一。

唯一の不足は新規事業を構想し、健やかに実現できる Master of Project Design なのだ。


[ YouTube 事業構想大学院大学 様よりお借りした広報動画 ]

以上、あなたの街を健やかにする地方創生のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方創生 > おかやま未来食堂 > リンク
Copyright (C) 2008-2016 Town-PR. All Rights Reserved.

岡山市まち・ひと・しごと創生総合戦略。文殊の知恵は、ネウボラおかやま & 岡山版CCRC & 岡山ビッグバン。

岡山市まち・ひと・しごと創生総合戦略 ご提案のページ

将来世代応援知事同盟☆彡 笑顔の伊原木知事 ^^d
子育て支援と、アクティブな生活

11月8日(日)中四国 最大規模。約1万4千名がエントリーした第1回 おかやまマラソンに参加し、笑顔で手を振る岡山県の伊原木知事。

子育て支援に熱心で、もちろん “ 日本創生のための将来世代応援知事同盟 ” の中心的人物であり、県民として誇りに想います^^。先般 “ 岡山市長期構想(仮称)の素案へのご意見(パブリックコメント)を募集します ” に呼応し、『ネウボラおかやま。岡山市長期構想(仮称)素案に対するパブリックコメントにあわせて、提案いたします!』と題したコラムを配信したわけですが、岡山市を飛び越え伊原木様に届き、実現されるといいな。そんなふうに願ったり。

そもそも地方創生の起点は、人財づくり。次の世代(子育て)支援が最優先。



[ YouTube Tokyo MX Channel 様よりお借りしたニュース動画 ]

※ ご参考 “ 地方創生。岡山の行政が為すべき重要課題の虎の巻(…汗) ”
Transforming Our World: The 2030 Agenda for Sustainable Development ☆彡
地球レベルで恒久平和を実現するには、あまねく貧困の撲滅は不可欠。193の国連加盟国が2015年9月に合意したアジェンダ案 “ 私たちの世界を転換する: 持続可能な開発のための2030アジェンダ ” には、次の世代のための街づくり、地方創生の課題が盛り沢山! ソーシャルビジネスのヒントも満載。地域おこしを語る人、必見のアジェンダです。



岡山市まち・ひと・しごと創生総合戦略に自主参加 』

はてさて、おかやま都市ビジョン研究会まちづくりチームにジョインしているワタクシ。取り急ぎ平成27年10月策定「岡山市人口ビジョン」を拝読。総務省統計局の「国勢調査」に基づく資料や、国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計による社会動態の遷移をイメージするなか、ハコモノ、鉄モノ、社会実験モノ、現代芸術モノを優先している岡山市政に対し、教育的指導をくださる地方創生コンシェルジュの皆さまにアイデアを提供したく、下記にまとめます。


ネウボラおかやま & 岡山版CCRC & 岡山ビッグバン

消滅可能性都市から脱却するためには、なにわともあれ「ネウボラおかやま」の実現こそ街を挙げての緊急プロジェクト。引き続き急がれるのは、日本版 CCRC 構想を正しく咀嚼し、岡山らしさを活かすことのできる「岡山版CCRC」の構成と、創出。さらに持続的な街づくりに欠かせないのは新交通システムで、それは「都心循環BRT、岡山ビッグバン」構想。

従いまして、
1.にネウボラおかやま、2.に岡山版CCRC、3.に岡山ビッグバン

2. 岡山版CCRCに関しては
、例えば用地集約に失敗するであろう新 岡山市民会館の候補地(千日前)や旧 岡山市民病院の跡地(岡山市北区天瀬)を利活用し、シャッター通り化ほか暗いニュースの噴出が止まらない表町商店街エリアの再興をも視野に、健康でアクティブな生活ゾーンを創出。地域社会(多世代)との共働を促し、居住者の参画・情報公開等による透明性の高い事業運営を可能にする、持続可能な岡山版CCRCを確立する長期構想。

子育てにおいて日本一充実したネウボラ岡山。シニアもアクティブに暮らせる岡山版CCRC。回遊性を担保する岡山ビッグバン。それらは世界都市への文殊の知恵。

岡山市まち・ひと・しごと創生総合戦略への勝手参加に伴い、地方創生コンシェルジュの皆さまにボソッと呟いておきますネ。2016年も何卒よろしくお願いします (`・ω・´)ゞ


石破大臣の印象的なお言葉 (岡山地方への訓戒)
デベロッパーにしても「その時だけ儲かればいい」という人が多いので
(ユーカリが丘は)ほとんど行政の支援を受けていないので
まず「この街に住みたい」っていうのが一番大事だと

[ YouTube ユーカリが丘チャンネル 様よりシェアさせて頂いたソーシャル広報動画 ]

以上、あなたの街を健やかにする地方創生のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化 > 岡山版CCRC > リンク
Copyright (C) 2008-2016 Town-PR. All Rights Reserved.

ネウボラおかやま。岡山市長期構想(仮称)素案に対するパブリックコメントにあわせて、提案いたします!

グランドデザインおかやまご提案のページ
おかやまマラソン☆彡 笑顔の伊原木知事 ^^d

子育て支援、後回しの岡山市

11月8日(日)中四国 最大規模、約1万4千名が参加された第1回 おかやまマラソン。おもてなしなどに高い評価を頂いているそうで、岡山県民として、とても嬉しく想います^^。

お陽さまサンサン晴れの国の岡山県は、その県都である岡山市の将来展望は、もんげー明るい!ハズですが、岡山市政の現状ゆくえを占うとき、その先に観えてくるのは深刻な社会。全国学力テストの順位は最下位を目指し、荒れ果てていく学校。なんせメディアから漏れ伝わる岡山市の施策は、用地買収に165億円かかる新岡山市民会館ハコモノ構想、初期投資は160億円と聞こえるJR吉備線LRT化 鉄モノ構想。なんとなく繰り返される社会実験モノ岡山の県民・市民不在の現代アートに公金投入を検討など、ダイナミックな公費のバラマキは目白押し。その一方で、街づくりにおいて最も肝心要になるハズの子育て支援や教育投資など、この街の近未来を担う次の世代(人)に対する投資は後回し(涙)。

そもそも街づくりは、人財づくり。次の世代への投資が緊急かつ最重要。


そんな折、嬉しいニュースあり。妊娠、出産から子育てまで家族を支援し続けるフィンランドの育児支援サービス “ ネウボラ ” が注目を集めはじめた昨今。そのエキスパートは、吉備国際大学 社会福祉学研究科で教鞭を執られる教授 高橋睦子先生で、記事の中で紹介されている。いつの日か、おかやま都市ビジョン研究会で講演いただけないものか、模索したいと存じます。


[ YouTube Tokyo MX Channel 様よりお借りしたニュース動画 ]


おかやま都市ビジョン研究会

はてさて、おかやま都市ビジョン研究会まちづくりチームにジョインしているワタクシ。取り急ぎ街づくりワーキンググループの役割に基づき、岡山市長期構想(仮称)を拝読。“ 岡山市長期構想(仮称)の素案へのご意見(パブリックコメント)を募集します ” にキチンと対応したいと存じます。岡山市長期構想(仮称)は総じてわるくないけれど、重点ポイントの順番に難がある。例えて P6.の 3. 都市づくりの基本目標「未来へ躍動する 桃太郎のまち岡山」に関しては、本エントリーの導入部で、ハコモノ、鉄モノ、社会実験モノ、現代アートもの等が優先施策になっている点を岡山市政の難点として取り上げている通り市政の重大な誤ちは優先順位づけ


誰もがあこがれる充実の「子育て・教育都市」

ハードではなく、ソフトに積極投資を行い、消滅可能性都市からの脱却を――。
社会環境は激変するから旧態のハコモノ鉄モノなどハードに莫大な公金を浪費することなく、子育て支援・教育再生システムなどのソフトに再優先投資をしなければ、この街は終わる。順番を入れ替えましょう、という私の意見はこれにて、ご理解いただけるものと期待いたします

都市の躍動感を創出すると「住みやすさ」に磨きがかかるのではなく、「住みやすさ」に磨きをかけると、都市の躍動感は徐々に醸成される、と考えたい。そのためには「市民と行政がともに変えていく」という意識をすり合わせなくてはなりません。なので黄色枠の項目の順序は、. 「住みやすさ」に磨きをかける、. 市民と行政がともに変えていく、. 都市の躍動感を創出する。と、なりましょう。それに付随して、4. 将来都市像における<将来像 1>は、“ 誰もがあこがれる充実の「子育て・教育都市」” が最優先となり、<将来 2>は、“ 中四国をリードし、活力と創造性あふれる「経済・交流都市」” として順序を逆転させましょう。

あわせて「市民と行政がともに変えていく」という意識をすり合わせるためにも岡山市長期構想(仮称)を担う、岡山市の職員みな様のご参加を、おかやま都市ビジョン研究会は心よりお待ちいたします (`・ω・´)ゞ 従いその日に臨み、街づくりは人財づくりと考える私は、フィンランドの切れ目ない家族支援「ネウボラ」に倣い、ネウボラおかやまを提言に加え、パブリックコメントに参画しようと想います。



私のパブリックコメント

1. 岡山市長期構想(仮称)の7ページ、4. 将来都市像において、“ 誰もがあこがれる充実の「子育て・教育都市」” を<将来像 1>に設定し、“ 中四国をリードし、活力と創造性あふれる「経済・交流都市」” を<将来 2>へ繰り下げる(素案の1.と2.の順序を入れ替える)

2. 上述1.に従い、岡山市長期構想(仮称)の9ページ以下、5. 都市づくりの10の基本方向おいて、“ 安心して子育てができ、若者や女性が輝くまちづくり ” を<基本方向 1>に設定、“ 中四国をリードし、活力と創造性あふれる「経済・交流都市」 ” は<基本方向 4>へ繰り下げる(素案の1.2.3.を筆頭へ繰り上げる)

3. ネウボラおかやま提言を、岡山市長期構想に採り入れる   以上です


[ YouTube toughfilmsjp Channel 様よりシェアさせて頂いたソーシャル広報動画 ]

以上、あなたの街を健やかにする地方創生のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > ネットPR > ネウボラおかやま > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.

第1回 おかやまマラソン 2015年11月8日〔日〕開催!

おかやまマラソンを記録するページ
おかやまマラソン☆彡 笑顔の伊原木知事 ^^d

地方創生、おかやまマラソン

中四国 最大規模の約1万4千名が参加した、第1回 おかやまマラソン。ランナー皆さまの楽しそうな笑顔が印象的でした!

自己ベスト目指して、がんばれ〜ノシ ファイトっノシノシ

中四国 最大規模 “ 第1回 おかやまマラソン

そうして岡山を素敵に盛り上げてくださる著名な方も続々笑顔のラン参加! 動画の後半には、国会議員の高井たかしさんが登場し、すぐあとを岡山県知事の伊原木隆太さん。引き続き、岡山市長の大森まさおさん。

皆さま笑顔で手を振ってくださいましたヽ(*´∀`)ノ

2015年11月8日〔日〕第1回おかやまマラソン〔 http://www.okayama-marathon.pref.okayama.jp/ 〕画像アーカイブ☆彡

Posted by あいらぶ岡山 on 2015年11月7日


お三方は東京大学の先輩・後輩になるそうで、これからの岡山の地方創生において、連携して地域を盛り上げてくれるものと嬉しく想います。そんな岡山のキーマンお三方のランニングを3分くらいの間に拝見でき、なんか得した気持ちなれた日曜日。これからも宜しくお願いします^^。

第1回おかやまマラソン、もんげー最高☆彡 来年以降、より一層ステキなイベントになるものと予感して、ほのぼの気分 (*˘︶˘*).。.:*♡ ランナーの皆さま、ボランティアの皆さま、関係機関の皆さま。ありがとうございますm(_ _)m


[ YouTube サンベルディエールChannel より配信しているソーシャル広報動画 ]

以上、あなたの街を元気づける地方創生のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > ネットPR > おかやまマラソン > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.

サーチ & ソーシャル・ボタン
例) 広報 観光 動画PR 後楽園など

カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク
    Social Media Box
    Blog パーツほか
    おかやま専門家NAVIバナー
    岡山人ブログ|岡山のステキなブログが満載
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ
    まちづくりPRネット ホスピタリティ溢れるネットPR技術を中心に、地方活性化に役立つノウハウをご提供しています。