まちづくりPRネット

Society 5.0 地方創生に役立つデジタルマーケティング技術の共有ブログ

中心市街地イベント

次世代公共交通整備のための「岡山県総合政策局 MaaS推進室」新設に関する陳情書

岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” のページ


多数のバス利用者 + 自動車が迷惑を被る路面電車ありきの信号サイクル改悪のナンセンス


過日。岡山県の公共交通機関のグランドデザインに関する真の有識者様との対談を経て、2019年11月3日。次世代公共交通整備のための「総合政策局 MaaS推進室」新設に関する陳情書を提出(郵送)しましたので、この場において共有いたします。貴重な教示を幾つも授けてくださったK様に、心より感謝いたします。


------------------------------------------- 同封した添え状からの抜粋 ここから

岡山県議会 議長 蓮岡 靖之 様

「総合政策局 MaaS推進室」新設に関する陳情書提出の件

拝啓
 岡山県議会におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

岡山県議会議長 蓮岡様の改革断行の労に敬服するとともに、そのことにより地域発展の希望は芽生え、私も某の役に立ちたいと考え、陳情書を提出します。MaaSをはじめ、世の変遷に無頓着な県議会議員の啓蒙をも含めまして、採決および結論、採択くださいますよう何卒、よろしくお願い申し上げます。 敬具

・ 同封書類 1. 添え状 1通 2. 陳情書 1通 3. 首相官邸 未来投資会議 関連資料 1式

------------------------------------------- 同封した添え状からの抜粋 ここまで


おかやま市 MaaS プロジェクト ” いま岡山の県民・市民が議論を始めなければ、この街は終わる…


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO 菅野敦也
リベラルアーツを活かして、Online Merges with Offline(OMO)事業を推進。信用スコア(AIスコアリング)実証研究、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業4社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「MaaS推進室」新設に関する陳情書
Copyright (C) 2005-2019 SunVerdir. All Rights Reserved.

公共交通機関再生の主体としての「岡山市交通局」新設に関する陳情書

岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” のページ


多数のバス利用者 + 自動車が迷惑を被る路面電車ありきの信号サイクル改悪のナンセンス


過日。岡山市の公共交通機関のグランドデザインに関する真の有識者様との対談を経て、2019年10月27日。公共交通機関再生の主体としての「岡山市交通局」新設に関する陳情書を提出(郵送)しましたので、この場において共有いたします。貴重な教示を幾つも授けてくださったK様に、心より感謝いたします。


------------------------------------------- 同封した添え状からの抜粋 ここから

岡山市議会 議長 浦上 雅彦 様

「岡山市交通局」新設に関する陳情書提出の件

拝啓
 岡山市議会におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

岡山市議会議長 浦上様の改革断行の労に敬服するとともに、そのことにより地域発展の希望は芽生え、私も某の役に立ちたいと考え、陳情書を提出します。MaaSをはじめ、世の変遷に無頓着な市議会議員の啓蒙をも含めまして、採決および結論、採択くださいますよう何卒、よろしくお願い申し上げます。 敬具

・ 同封書類 1. 添え状 1通 2. 陳情書 1通 3. 9月29日提出済みのパブリックコメント 1通
4. 2017年8月30日お手渡し済みの提言書 1通 5. 首相官邸 未来投資会議 関連資料 1式

------------------------------------------- 同封した添え状からの抜粋 ここまで


おかやま市 MaaS プロジェクト ” いま岡山の県民・市民が議論を始めなければ、この街は終わる…


※ このコラムは組織を代表する意見でも、友人・知人と共有するものでもなく、あくまで健やかな地域の未来を願う一人の岡山市民としての、わたくし個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO 菅野敦也
リベラルアーツを活かして、Online Merges with Offline(OMO)事業を推進。信用スコア(AIスコアリング)実証研究、地方創生ホラクラシー組織づくりも試行しています!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業4社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。


ホーム > サイトマップ > 想い > 「岡山市交通局」新設に関する陳情書
Copyright (C) 2005-2019 SunVerdir. All Rights Reserved.

スマートモビリティチャレンジ推進協議会 for 岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” .

スマートモビリティチャレンジのページ
https://www.udemy.com/user/atsunari-sugano/

ープンイノベーションを巻き起こす技術

永らくのセマンティック・ウェブ研究で得た Tacit knowledge は今なお深まるばかりで、それらをコンテクストに織り込み物事を予定調和させる私の技術は、確実に洗練されている模様です(嬉)。

LinkedinLAPRAS はじめ、J.ScoreUdemy プロフィールなど AI による個人信用格付に関する研究を続ける私は地域社会の課題を抽出。オープンイノベーションの創出に注力して日々東奔西走の真っ最中。


「スマートモビリティチャレンジ」は、経済産業省と国土交通省が推進する新しいプロジェクトです。将来の自動運転社会の実現を見据え、新たなモビリティサービスの社会実装を実現することにより、移動課題の解決や地域活性化を目指します。プロジェクトでは、ヒトの移動を効率化する新たなテクノロジー(スマートモビリティ)に関連した情報発信や関係者間の交流、先進地域の支援・研究などに取り組んでいます。

上述の通り、スマートモビリティチャレンジ推進協議会Webサイトのメタディスクリプションに記述された目論見は、寸分違わず岡山令和刷新事業 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” のそれに一致する内容であり、思わず私はパシーン!と膝を痛打した次第。あわせて「新しいモビリティサービスの社会実装に取り組むパイロット地域の募集について」を読み込みながら、アライアンス機会の創出に向けて早速アクション。

スマートモビリティチャレンジ推進協議会への入会手続きを完了した次第です。


号化を駆使して予定調和させる技術

先般。“ シェアリングサミット2019 in 岡山 ” の開催に先立ち運営関係者が集うFBグループのなかで “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” のシェアリングによりシグナリングを実行。当日のゲストスピーカー 山口豪志さんのスライドの一枚に「衣食住医 + α の重要性」を拝読することとなり、引き続いて「地方や田舎こそ交通インフラの重要性」と記されたシートが投影されて間もなく、私は密かに予定調和をほくそ笑む。

岡山開催のシェアリングサミットを何となく終わらせることなく、危機的状況にある岡山市の公共交通機関について岡山市民が自ら考える、波紋を投げかける貴重な機会にすることができ感謝の念に堪えません。


健やかに成長できる持続可能な地域の未来を担保する岡山市民の一人として私は、おかやま市 MaaS プロジェクトの創設に向けて粛々とオピニオンを発して参ります。共感くださる御仁は、ご注目ください!

※ 公共の利益を追求するために、時にクリティカル・シンキングに基づく強いオピニオンを発しますが、それらは組織を代表する意見ではなく、あくまで個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO 菅野敦也
デジタルマーケティング技術を駆使して組織マネジメントを効率化。ES、業績向上 Win-Win の実りある働き方改革を提案いたします!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業4社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。

以上、岡山市を世界都市へ変革すべく起点になれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > おかやま市 MaaS PJ > リンク
Copyright (C) 2008-2019 Town-PR. All Rights Reserved.

MaaS or CASE 。余剰幻想に満ちた岡山市による「公共交通の自殺」をモビリティ変革コンソーシアムは未然に防げるか !?

おかやま市 MaaS プロジェクト 起点のページ
おかやま令和刷新事業「BRT化へ走り出した岡山市」
老害の街とは呼ばせない……

公共交通の発達により都市は成長し、街の文化レベルは向上。札幌でその恩恵を授かり育ち、進学を目的に上京、そして就職。東京〜大阪を中心に20年ほどマーケティング職を務めた私は2006年、岡山へ移住たちまち「天然リソースに恵まれ交通の要衝である県都おかやま市は、余剰幻想から脱却し、機能不全に陥った公共交通を再生できれば素晴らしい世界都市になること請け合い」と確信した次第。

問題提起は2014年6月 “ 岡山市(岡山県)公共交通機関の、問題の本質。” のエントリーで、具体的に政策に落とし込むための提言 “ 世界都市おかやま。 公共交通を再生する、BRT事業を導入。岡山市の路面電車、廃線の道程は案外、近し ” を2015年12月に配信し、その後、2017年8月30日。岡山市の大森市長に謁見機会を拝領し、「岡山市民が創る提言書」をお手渡し。そうやって時代は、Society 5.0へ移行中。

メルセデス社はクルマ社会の理想の未来像として2016年9月、同社の中長期戦略「CASE(Connected〔コネクテッド〕、Autonomous〔自動運転〕、Shared & Services〔シェアリング〕、Electric〔電動化〕)」を掲げ、それから遅れること1年。我が国では2017年9月「モビリティ変革コンソーシアム」発足も、岡山市では私の予言シナリオに従い、蛮勇のストライキは想定の範囲内で敢行。有識者『岡山)利用者に不安を与えた 岡山大・橋本成仁准教授』の指摘はごもっともで、いわばレミングの習性を擬えるもの。




本一愛される広電と、日本一短い岡山電気軌道

かつて出張族だった私は東京、大阪はもとより横浜、名古屋、仙台、札幌、京都、神戸、博多の地下鉄に乗ることしょっちゅうなれども、環状化され料金体系が整備された広島の路面電車は市民・来訪者にとって値千金のトラムであり、昭和レトロ感も印象に深い、なくてはならない公共交通機関。他方、営業距離が5Kmに満たない岡山市のそれは日本の最小規模。延伸に莫大なコストを要し、しかも進化する公共ビークルの導入を阻む路面電車は、岡山駅から郊外へ伸びゆく基幹交通にはなり得ない。そんな利用者の視点に基づき、かつ街の文化レベル向上を目論むならば、昭和のうちに廃線処理されるハズであったレガシーシステム。

公共交通のグランドデザインを描き主導する “ 岡山市交通局 ” なき街の悲劇は果てしなく。


重厚長大、大正時代の公共交通の温存によって成長から取り残されてきた岡山市。ではあるものの、2014年の秋。黒船 イオンモール岡山が出現してからは街なかを目指す人々は増加の一途で、もはやMaaSなど次世代型のモビリティサービスを地方自治体は率先して採り込み、公共交通機関を刷新しなくてはならない今しがた。と、ところが…岡山市では驚くなかれ、公共交通の自殺とも言えるレミング現象が……(汗)


さはさりとて余剰幻想に囚われることのないスマートな次の世代なら「公共交通×トヨタでMaaSを考える Ha:moが創るモビリティの未来」および「ドコモとNEDO、観光促進をめざした横浜MaaS『AI 運行バス』実証実験を開始」に、極めつけは『SBドライブと宇野バス、「バス自動運転サービスの実用化に向けた実証」に合意』プレスリリースならびに『ソフトバンク系SBドライブが描く「MaaS×自動運転」の近未来』記事の意図するところを、未来志向をもって創造性を膨らませているに違いありません。

MaaS、BRT、ITSにより岡山市の公共交通を、劇的に再生!

なぜ岡山の公共交通機関は機能不全に陥って久しいのか? 2014年。私の警鐘エントリー「公共交通機関の、問題の本質」に記した通り、未だ進入できない岡山市中心部循環バス「めぐりん」と時代錯誤の路面電車を加えるとき9社もの民間事業者が岡山駅前東口バスターミナルを主戦場として群雄割拠を繰り広げ、戦国バス時代に終わりは見えず。市民にとって不可欠な住民サービスである公共交通事業を一貫して民間事業者に丸投げし、事業主体としての「岡山市交通局」を持たない自治体は利用者の利便性にはお構いなしで、さらに民業の淘汰再編を放置するものだから、公共交通の大義を持たない請負事業者の縄張り争いは遂に抗争へと発展し、多くの住民や県外からの来訪者を巻き込むカタチでストライキは勃発(日本一住みたい街と喧伝し岡山市を愛する私は、このとき目から火が出るほど恥ずかしくなるとともに、県外からの来訪者みな様への申し訳ない気持ちで胸は張り裂けそうになりました)。岡山市の不作為の罪は、断罪の極みへ突き進んでいます。

会議好きの岡山の人々はその後「岡山市公共交通網形成協議会」を設置したものの、もはや元の木阿弥。民間事業者の淘汰再編を執行する「岡山市交通局の新設および公共交通事業の刷新」へ切り込まなければ、毎度お馴染みの面子による何十年もの議論と仁義なき戦いの戦国バス時代はいつまでも続くことでしょう。

急がれるのは路面電車の廃線であり、そこで得た軌道を BRT の専用レーンとして整備して、その一例として、JR岡山駅前バスロータリーから南区役所まで開通させる、岡山パークアンドライド創生事業

それらの実現に向けて非力な一人の岡山市民が一縷の望みを託しているのは、モビリティ変革コンソーシアムであったり、公共交通マーケティング研究会だったり。彼らと連携することで余剰幻想に満ちた岡山市による「公共交通の自殺」を未然に防げるのではなかろうか。次善の策を模索しているところです。




かが問題提起しなければ余剰幻想に塗れた岡山市の未来は潰える

先般 “ おかやま市 MaaS プロジェクト ” において、ストにより公共交通を機能不全に貶めた大義なき請負事業者による公共事業の私物化は目に余るものがあり、次世代インフラへの移行を阻害するイベント電車の運行等は将に惑溺の事業であると喝破したため、しばらく静観を決め込んでいたものの、岡山市とファンタジーな老人による公共交通の自殺を見て見ぬふりをするわけにはいかず、筆を執ることになりました。

それは啓発ではなく、啓蒙しなくてはならないという岡山においては、とても辛い目に遭わされる損な役割。それでも私は次の世代が輝くことのできる、成長し得る街を継承するために、SDGs 目標11.2「2030年までに、脆弱な立場にある人々、女性、子ども、障害者、および高齢者のニーズに特に配慮し、公共交通機関の拡大などを通じた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供する。」を掲げて粉骨砕身、しっかり働こうと存じます。

次世代の交通 MaaS by 総務省.


健やかに成長できる持続可能な地域の未来を担保する岡山市民の一人として私は、おかやま市 MaaS プロジェクトの創設に向けて粛々とオピニオンを発して参ります。共感くださる御仁は、ご注目ください!

※ 公共の利益を追求するために、時にクリティカル・シンキングに基づく強いオピニオンを発しますが、それらは組織を代表する意見ではなく、あくまで個人の見解である旨ご賢察ください。


 著者紹介 )) 働き方改革 lab. CIO 菅野敦也
デジタルマーケティング技術を駆使して組織マネジメントを効率化。ES、業績向上 Win-Win の実りある働き方改革を提案いたします!
時代に先駆け地方都市、岡山市へ移住・定住10年超。大企業4社、自治体の外郭団体2組織での就業とスタートアップあわせてキャリアチェンジ(転職・起業)6回超(出向を含む11社に所属)など、多様で多彩な実経験に裏打ちされた実業出身の実務家(誠の有識者)として、社員・職員のリカレント教育や生涯学習の習慣づけ、副業・兼業に関する学び直しの支援を行います。また、上場企業での管理職経験を活かして大企業と中小零細企業の生産性を比較分析、未来志向の人財開発および、労使双方の観点から実りある働き方改革の提案など、旬のソリューションサービスをご提供いたします。

以上、岡山市を世界都市へ変革すべく起点になれば幸いです。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > おかやま市 MaaS PJ > リンク
Copyright (C) 2008-2018 Town-PR. All Rights Reserved.

10月7日は、おかやま “ 桃太郎の日 ” ☆彡

ブログネタ
地方創生 に参加中!
岡山市の桃太郎記念日を祝うページ
おかやまマラソン 2016.

『 10月7日! 桃太郎の日制定 !! 』

岡山の県民・市民として、さらには日本記念日協会附属 記念日文化研究所の研究員として、この日を待ちわびておりました(嬉)。

※ ご参考 : JA全農おかやま様による記念日。毎年10月10日は、

岡山県は2年前にスタートした11月開催の、晴れの国 “ おかやまマラソン ” が人気化の兆しを見せていることから、岡山市が毎年10月に催す “ 秋のおかやま桃太郎まつり ” の集客力を劇的に向上させ、おかやまマラソン2017に善い影響を及ぼす狙いも兼ねた「おかやま桃太郎の日」の制定は、記念日マーケティングの観点から鑑みても、ぼっけぇウェルカム^^。

岡山マラソンの愛称として “ おかやま桃太郎マラソン ” という提案もアリかも !?




岡山市民の日を省み、記念日の聖地倉敷に倣いたい 』

2012年。拙著、記念日の動向:記念日文化レポート その3 「都道府県の記念日から、地方創生を考える」で指摘したように、岡山市民不在のなか一部のステークホルダーによるトップダウンで制定された「岡山市民の日」は、当該ホームページが既にアイドリングになるなど血税は無駄遣いに終わり大失敗。今は、ひっそり Facebookページ 岡山市民の日が残されるのみで、例えば “ あいらぶ岡山 ” にさり気なく実装している高いサイバーマーケティング力の支えがなければ地方創生オウンド・メディアの運営は困難だ。ということを、こっそり呟いておきますネ。

※ ご参考 : プレミアムなポートフォリオワーカーは下記も運営。

ラストは、日本記念日協会ご紹介の広報動画をシェアします。


[ YouTube タウン情報おかやま様よりシェアした 2013年9月のイベント動画 ]

倉敷市を追いかける岡山市の、記念日利活用のヒントになれば幸いです。


TOP > サイトマップ > ネットPR > 岡山桃太郎の日 > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

プレミアムフライデーと記念日の活用で、働き方改革を!

ブログネタ
働き方改革 に参加中!
プレミアムフライデー利活用提案のページ
プレミアムフライデー あいらぶ岡山

岡山後楽園でプレミアムフライデー

今年2017年2月より、プレミアムフライデーが始まりました。営業や企画、外務員から内勤など多種多彩な職業と職場を経験した私も、この制度が企業や組織に定着するには、相応に時間が必要なことを理解いたします。

他方、少子高齢化という新たな時代に臨む我が国の、働き方改革を前進させる妙策であるとの想像は難くなく、あれこれアイデアを振り絞れば、忽ち下記が浮上。

1. プレミアムフライデーと重なる記念日を見つける
2. プレミアムフライデーと重なるイベントを見つける

上記のポイントは、プレミアムフライデーに合わせて何かを設定するのではなく、当該月のプレミアムフライデーに重なる記念日やイベントを探し、マッシュアップすることが特徴。プレミアムフライデーにおけるマッシュアップも同様に、同じ日に設定された異なるイベントを見つけて編集し、一つのイベントとして仕立てあげる。一例として、後楽園でプレミアムフライデー

上述1.の場合。お誕生日や結婚記念日がプレミアムフライデーに重なればラッキーで、早めに仕事を切り上げ豊かな記念日をお祝いできたり、上記2.の場合は、イベント主催元がプレミアムフライデーを謳うことで、参加者を増やすことも可能になりましょう。

むろん企業の創立記念日をプレミアムフライデーに設定すれば、効果は倍増とも。




もぎとく!「記念日は休もう!“特製ノート”で実現」

日本記念日協会 附属、記念日文化研究所にジョインし、週末は記念日文化を研究しているワタクシ。所長より過去、少なくはない企業が「200年カレンダー手帳」を社員数だけ購入し、配布しているという話を伺っておりました。と、先日。NHK岡山放送局もぎたて!4月11日の一コマで、岡山県倉敷市の企業の働き方改革が紹介されており、あらためて感心した次第。

日本の記念日文化は発達しており、公的に設定された記念日はもとより国内では、バレンタインデーホワイトデーハロウィンなど商的に盛り上がる記念日が多く、誕生日や結婚記念日や還暦など私的に設定された記念日は誠に多種多彩であり多様性に富んでいます。

少子高齢化を受け入れざるを得ない社会の中で働き方改革を考えるとき、なるほど記念日文化は有効であることを、再三に渡り確認している只今。地方創生と働き方改革を研究テーマに加える私は、プレミアムフライデーの有効活用を引き続き提案して参ろうと思います。

プレミアムなポートフォリオワーカーは下記も運営。


[ YouTube 動画チャンネル プレミアムフライデー様よりシェアしたイベントPR動画 ]

企業や組織のプレミアムフライデー利活用のヒントになれば幸いです。

2017年5月5日 追記
 5月26日金曜日は、おかやまハワ恋ビアフェスタの前夜祭!ということで、
 FBイベントページ “ おかやまハワ恋 プレミアムフライデー☆彡 ” を新設しました !!


TOP > サイトマップ > ネットPR > プレミアムフライデー > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

岡山の二郎系ラーメン “ ラーメンきずな ” さん

ブログネタ
日本版DMO に参加中!
ラーメンきずなさん ソーシャル広報のページ

二郎系ラーメン “ ラーメンきずな ” さん
『 派生系 ラーメン富士丸さん直系 』

2017年お正月。早々手にした嬉しいニュースは二郎系ラーメン店の新規オープンを報じてくださった、お墨付き!様の “ ラーメンきずな @岡山の二郎系ラーメン 1/3新店オープン ” 。ということで、30年前に何度か食した “ ラーメン二郎 三田本店 ” さんを懐かしみ、1/8(日)。

そぼ降る雨天も何のその。意気揚々 Singin' in the Rain の気分に満たされ、開店を目がけて家人とお訪ね。ジロリアンには程遠いワタクシではありますが、素朴に美味しかったので、感謝の気持ちを込めてシェアします。

オーナーのステキな笑顔

お墨付き!様のブログに読むように、店主殿はラーメン二郎の直系(現在は派生系)のラーメン富士丸さんで修行を積まれたのだとか。

なるほど、“ ラーメン二郎三田本店 社訓 ” にインスパイアされている様子。心地よい接客のおかげで二郎という食べ物の味を懐かしく思い出しながら、K(完食)することができました^^。




次回お訪ねする時は、ラーメン富士丸さんの「国産ぶためん」に「麺ちょい足し」+全部多めを軽やかにKKするジロリアン女子に倣い、KK(完飲完食)を目指しますヽ(^o^)丿


[ YouTube rocketnews24様のチャネルよりシェアした完飲完食レポート動画 ]

あなたの街のソーシャル広報のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 中心市街地 > ラーメンきずな > リンク
Copyright (C) 2008-2017 Town-PR. All Rights Reserved.

第2回 おかやまマラソン(OKAYAMA MARATHON) 2016.

ブログネタ
おかやまマラソン に参加中!
おかやまマラソン ソーシャル広報のページ

2th おかやまマラソン 2016. 国会議員の高井さん^^。
晴れの国おかやまマラソン 』

お陽さまサンサン☆彡 温暖な気候と中国山地が運ぶ山の幸に、瀬戸内海の海の幸。美味しいものが豊富で暮らしやすい、岡山県。

で、待ってました! この時を。 2016年11月13日〔日〕は、



ランニングおかやまプロジェクト

地域の魅力を世界に向けて発信するための、Facebookページ利活用の “ あいらぶ岡山 ” 運営チームは無論、おかやまマラソンの勝手ソーシャル広報に精励する所存 (`・ω・´)ゞ 取り急ぎ当Webサイトでキュレーションすべきは、“ コニカミノルタ ランニングプロジェクト ” さん。今後ゆるやかに連携を進めていこうと存じます。よろしくネ!

ほかにも様々浮かんだアイデアを、具体的なプロジェクトに仕上げ、実行したいと想います。その第一弾は、ランナー皆さまをメインストリートで讃えるための、

おかやまマラソン “ 世界が恋する、桃太郎大通り !! ” 花道プロジェクト

引き続き努めて参りますので、どうぞ宜しくお願いいたします m(__)m

[ YouTube Growth Hacker Inc. チャネルよりシェアした PR動画 ]

あなたの街の地域活性化のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方創生PR > おかやまマラソン > リンク
Copyright (C) 2008-2016 Town-PR. All Rights Reserved.

ソーシャル・ボタン & プロフィール
このブログの記事を検索
カテゴリー・プルダウン
ページ・ビュー数 速報

    スポンサード・リンク
    Social Media Box
    月別コンテンツ一覧
    • ライブドアブログ