百年河清おかやまを刷新するページ
重厚長大。岡山市の路面電車は、時代錯誤の戦艦大和。

『 流行るめぐりん、廃れる路面電車

2012年。運行スタート以来イオンモール岡山の開業も手伝い、乗客が日に日に増えてく岡山中心部100円均一循環バスめぐりん

その循環バスめぐりんが岡山の路面電車に与えた衝撃は甚大で、当初より環状化されている運行ルートにより、路面電車を環状化するというファンタジーな夢は吹き飛び、延伸という時代錯誤の夢も潰えることになりました。路面電車は乗客を奪われるばかりか、交通渋滞の立役者としての存在が浮き彫りになり、もはや大正〜昭和の公共交通を延命することは次の世代に対する背信であり、もっとも頼りになる循環バスがJR岡山駅前バスロータリーや岡大病院には乗り入れできないという『岡山市(岡山県)公共交通機関の、問題の本質』の解決こそ急がれます。



住民投票おかやま。気運を醸成する機運の訪れ 』

先般、2015年5月。大阪都構想に際する大阪市民の投票率 66.83% は圧巻でしたし、“ つくば市「我田引バス」市長にノ―!運動公園計画に潜り込ませた市政私物化 ” に読むように、8割近い市民がノーを突きつけた住民投票も、また圧巻。一方の岡山市では2013年、投票率 33.34% で選出されてしまった(実質、不信任と言わざるを得ない)首長による奇妙な政策が続々強行。


そもそも岡山市の路面電車が何十年も延伸されなかったのは、路面電車は既に無用です!という社会の証であって、しかも循環バスに代替される今に至っては、段階的な廃線が望ましい。従いまして無用の長物をJR岡山駅前に乗り入れさせるというのは超弩級のバカげた構想で、その議論そのもの時間と公金のムダ使い。子孫に対しサンクコストの累損を、とても申し訳なく想います。


新岡山市民会館は、おかやま版、新国立競技場。オーバーホスピタルの街の、新岡山市民病院。三丁目劇場、ふたたび ” に引き続き、“ くすぶる大艦巨砲主義。重厚長大な岡山市の路面電車(JR吉備線 LRT化構想)は、時代錯誤の戦艦大和 ” に岡山市民は対峙し、きっちり住民投票をもって民意を確認し、次の世代が輝く社会づくりのために決着をつける時は来訪。

待たれる岡山市の住民投票は、もはや待ったなしですネ (`・ω・´)ゞ


以上、利他の心で未来を描く皆さまの、創発のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 住民投票おかやま > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.


ブログネタ
地方創生 に参加中!