強い農業を確かなものにするプロジェクトのページ

備前岡山京橋朝市に学ぶ ブランディング
『 農林水産省 農業女子プロジェクト

地方創生の掛け声の下、あまねく都市間競争の激化を痛感する昨今。チャンスはアグリカルチャーに紛れて訪れた。なかんずく、岡山県における農業は、もんげー重要。


この先マーケットを支配するのは、いな、既に。国内マーケットに多大な影響を及ぼしているのが◯◯女子の皆さまで、鉄子さん、戦国乙女、肉食女子、カメラ女子。森ガール、山ガール、釣女に、リケジョ(理系女子)。そうして、“ 輝く農女新聞 ” ときたもんだ(^v^)。

なるほどチャンスはカラフルな、ハイゼットトラックに乗ってやって来る!



おかやま農業女子プロジェクト

はてさて、地方創生がもたらす都市間競争において、地方都市の健やかな常勝を担保する産業は、私は農業だと睨んでいます。女性がこぞって就農くださる地域なら、“ 消滅可能性都市 ” とは縁遠くなるばかりか、グルメやファッション、ビューティーにリゾート。サービス産業も高度に発達し、当該地域は豊かに健やかに成長するものと私は考えます。


上記の記事では岡山市東区の “ めぐみ農園 ” さんが紹介されており、新規就農や、観光農園のロールモデルとして注目。微力ながら私も、応援シェアします!

※ 女性ならではの視点とアイデアで、6次産業化も万事オーライ☆彡



過去最多! 岡山で農業を始める

もちろん男子も頑張る。KSB瀬戸内海放送さんのニュースでは、神奈川県から岡山県へ移住して来られたご夫妻が紹介されており、なるほど新規就農の可能性は拡がる様相。そこでは農林水産省による、青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るための給付金。就農前の研修期間(2年以内)および、経営が不安定な就農直後(5年以内)の所得を確保する給付金 “ 青年就農給付金 ” が紹介されており、これまた就農のための貴重な情報。

今しばらく注目されるのは、農協法改正案、来週以降に採決先送り 自民対応に維新反発など、農業界再編のゆくえ。いづれにせよヤル気のある農業事業者様には、追い風が吹く模様。微力ながら “ 吉備ひかり農園 ” さんを密かに応援シェアいたします !!

この先、もんげー農業が面白い。私も、参入しています ヽ(^。^)ノ

[ YouTube KSB瀬戸内海放送 公式チャンネルさんよりシェアしたニュース動画 ]

以上、地方創生に努める地域の、農業PJのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > おかやま農業女子PJ > リンク
Copyright (C) 2008-2015 Town-PR. All Rights Reserved.


ブログネタ
地方創生 に参加中!