岡山の未来をデザインするページ

旧 内山下小学校 跡地
『 あるある世界遺産おかやま

2014年1月11日。日本経済新聞『 砂上の楼閣で終わらない エコの現実 リアルの逆襲 第9回 』でマスダール・シティに関する記事を読み、グローバルレベルで豹変してゆく未来のコンパクトシティをイメージしておりました。

その転結は、岡山市に暮らす私達にとって他人ごとではなく、今秋 イオンモール岡山の開業以降、岡山市が様変わりしてゆく未来の想像も難くなく予測を遥かに上回る勢いで100万都市の仲間入りを果たす事象を想定し、それが正しいとするなら理想の公共交通は LRT より地下鉄が適正かも知れないし、さらに日本の将来を健やかに支えていくスマートシティとして人口100万人を軽々突破するなら JR岡山駅の連続立体交差工事は必然のそれ。そうやって岡山の都市化が高度に進むとすれば歴史を懐古する岡山市の都心創生まちづくり構想も、いわばゼロベースに戻して 100年〜1000年先の健やかな未来を創出するための、グランドデザインの再構築に迫られそう。と、突飛な考えに基づき、未来予想を描いてみました。


そうしている間にも地域おこしに熱心なエリアでは様々議論や討論、ワークショップがなされており、4年も前には岡山後楽園と岡山城を一体運営(園城一体)すべきという主旨の議事録を拝読したり、また、当該エリアをパリの「モンマルトル」をイメージして再開発してはどうか。といった未来志向で、とても建設的なご提言がなされていたのは嬉しい驚き。

折しも2014年1月9日の記事「内山下小跡地活用へ意見を」は、“ 旧内山下小学校跡地の活用を考える会 ” への住民参加を呼びかけているわけですが、重要なことは、適度に広い小学校跡地は急成長してゆく岡山市の名所旧跡エリアに位置していることから、数十年先〜数百年先に暮らしているであろう子孫の豊かな生活を考えた上で結論づけられるべき。建物ハコモノありきで考えるのではなく、未来のデザインありきで考えるべく大事な案件

そうなると問題は、あまりにも壮大で気の遠くなるような仕事、グローバルレベルで未来をデザインするのは誰か。誰がどうやってグランドデザインを創造するのか。続々命題が展開されるなか選択の一つに採択しておくべきは、岡山後楽園と岡山城の一体運営をも包括する観光特区の実現や、場合によっては国家戦略特区を活用するという発想も必須になるかも知れません。未来へ続く「おかやま希望のニュース」をあらためて、ご紹介いたします ^^。

2006年に岡山県へ移住してきたワタクシ。世界遺産おかやまの実現を目指し、今後もない知恵しぼってアイデアを捻り出しますので、何卒よろしくお願いいたします !!


[ YouTube SunVerdir チャネル。政令指定都市 岡山市の紹介PR動画 ]


以上、あなたの地域のまちづくりのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > 世界遺産おかやま > リンク
Copyright (C) 2008-2014 Town-PR. All Rights Reserved.


ブログネタ
国家戦略特区 に参加中!