ビブリオバトルの可能性を考察するページ
ビブリオバトル @ 岡山市.

ビブリオバトル、これは楽しい ^^ 』

先般 2013年9月7日(土)。友人にお誘い頂き、書評ゲームビブリオバトル @ 岡山市に初めて参加。それはとっても楽しい催しで、既にハマッた感さもありなん。

その後は懇親会になだれ込み、参加した皆さまとは殆ど初対面なのに談笑しきり。という貴重なイベントを体験。その夜の弾む会話のなかで、「ビブリオバトルは健やかなまちづくりのために応用できる…」と直感しばし。


ビブリオバトル公式ルール

【公式ルール】
1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。
2. 順番に一人5分間で本を紹介する。
3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2-3分行う。
4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

上記の通り、ビブリオバトルのルールはシンプルで、会場も公共施設などを上手に活用すれば、お金は殆どかからない(懇親会が楽しくてハシゴしちゃったけど…(^_^;)。

そうして本題。
コミュニケーションを活発化させる書評ゲーム。そう換言できる “ ビブリオバトル ” は、社会を健やかにする素養を多分に含でいる模様で、また、地域おこしに精励する人々が集うビブリオバトルを催すなら属性バイアスがかかり、創発へと発展しそうな気がします。

読んだ良書を紹介したい! 良書を読む人に出会いたい !! そんな想いも満たしてくれるビブリオバトル。健やかな未来を願う者、伝言せずにいられません (*´∀`*)


[ YouTube Bibliobattle2011 さんのチャネルより配信中の、ビブリオバトル首都決戦 動画 ]

以上、あなたの街の地域おこしのヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化PR > ビブリオバトル > リンク
Copyright (C) 2008-2013 Town-PR. All Rights Reserved.