TOPネットPR動画PR会議室サイトマップ運営者想いContactUs

地方活性化のための実践ノウハウ 2ページ


「 笑顔の溢れるお店で買おう 」

入社より10年間、笑顔を得意とした私は、お勧め商品を気持ち良く、多くのお客様にお買い上げ頂けた。 私の売上を上回る、笑顔の少ないライバルは、皆無。 売上単価の高い上位者は、もれなく笑顔が素適な人財だった。

先輩の笑みを真似ようと、鏡に向かった当時が懐かしい。

接客職種から離れた私は、首都圏と地方の主要都市へと出張するようになり、タウンウォッチングの機会が急増。 賑やかなショッピング街では、笑顔の溢れるスタッフ達から元気を貰い、接客時代の楽しかった思い出が甦る。

一方、シャッター商店街も相応に見学し、閑散の原因を探る。 漂う閉塞感に、地域の閉鎖性を予感。 見知らぬ来訪者をジロリと睨む、商店主。 在郷だから、では擁護できないし、笑わぬ門には、閑古鳥さえ飛んでは来ない。

おもてなしの心が伝わる笑顔に、本能的に集う、お客様。 知らず知らず、愛想の良いお店へと足を運んでいるご自身の行動を想起されましょう。
 

「 笑顔の溢れる街(地域)へ行こう 」

まちづくりというホスピタリティ産業に携わる私たち。 前のページでは、目眩がするほど美しい理念を創出したばかり。 多分に、元気、活気、笑顔、幸せ等の定番キーワードが、まちづくり理念に埋入されていることと存じます。

さて、美しい理念の存在にかかわらず、まちづくりが進まないとすれば、それは何故。 理念に基づき実践し、不具合を検証し、改善を繰り返す。 仮説を立て、実践により検証する思考の欠如が、原因の殆どとなりましょう。

まち閑散の原因は、渋い顔触れによるホスピタリティ(おもてなしの心)の欠如ではないか。 そんな仮説が立ったなら、街をあげて笑顔の接客、ホスピタリティの浸透を図るのみ。 効果は、来訪者数の推移により、検証可能。

また、集客不調の原因は、平安時代より継承する紙媒体の告知にあるのではないか。 そんな仮説が立ったら、Web時代のインターネット広報を採用してみる。 Webサイトなら、アクセスカウンタにより効果を推察、検証可能。

新たな施策に果敢に挑む人財を採り込み、明朗でオープンな雰囲気を醸成し、市場の閉鎖性を克服。 既成概念を打ち破り、魅力ある地域再生が始まるなら、やがて大勢の人が訪れる。 人は本能的に、笑顔が好きなのだから。 

24時間365日、世界の反対側まで、時と場所を選ばない広報手段がネットPR。 笑顔に溢れる人々が往来する地域のホスピタリティ精神を、ネットPRにより広く伝える技術が、まち振興の特効薬として健やかに作用することでしょう。

まちづくり理念にホスピタリティを携え、次ページ(2/3)へ。


TOP > サイトマップ > ネットPR 1/3 > 2/3 > 3/3 > 動画PR
Copyright (C) 2008-2009 Town-PR. All Rights Reserved.


ブログネタ
『 まちづくりPRネット 』 に参加中!