岡山市まち・ひと・しごと創生総合戦略 ご提案のページ

将来世代応援知事同盟☆彡 笑顔の伊原木知事 ^^d
子育て支援と、アクティブな生活

11月8日(日)中四国 最大規模。約1万4千名がエントリーした第1回 おかやまマラソンに参加し、笑顔で手を振る岡山県の伊原木知事。

子育て支援に熱心で、もちろん “ 日本創生のための将来世代応援知事同盟 ” の中心的人物であり、県民として誇りに想います^^。先般 “ 岡山市長期構想(仮称)の素案へのご意見(パブリックコメント)を募集します ” に呼応し、『ネウボラおかやま。岡山市長期構想(仮称)素案に対するパブリックコメントにあわせて、提案いたします!』と題したコラムを配信したわけですが、岡山市を飛び越え伊原木様に届き、実現されるといいな。そんなふうに願ったり。

そもそも地方創生の起点は、人財づくり。次の世代(子育て)支援が最優先。



[ YouTube Tokyo MX Channel 様よりお借りしたニュース動画 ]

※ ご参考 “ 地方創生。岡山の行政が為すべき重要課題の虎の巻(…汗) ”
Transforming Our World: The 2030 Agenda for Sustainable Development ☆彡
地球レベルで恒久平和を実現するには、あまねく貧困の撲滅は不可欠。193の国連加盟国が2015年9月に合意したアジェンダ案 “ 私たちの世界を転換する: 持続可能な開発のための2030アジェンダ ” には、次の世代のための街づくり、地方創生の課題が盛り沢山! ソーシャルビジネスのヒントも満載。地域おこしを語る人、必見のアジェンダです。



岡山市まち・ひと・しごと創生総合戦略に自主参加 』

はてさて、おかやま都市ビジョン研究会まちづくりチームにジョインしているワタクシ。取り急ぎ平成27年10月策定「岡山市人口ビジョン」を拝読。総務省統計局の「国勢調査」に基づく資料や、国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計による社会動態の遷移をイメージするなか、ハコモノ、鉄モノ、社会実験モノ、現代芸術モノを優先している岡山市政に対し、教育的指導をくださる地方創生コンシェルジュの皆さまにアイデアを提供したく、下記にまとめます。


ネウボラおかやま & 岡山版CCRC & 岡山ビッグバン

消滅可能性都市から脱却するためには、なにわともあれ「ネウボラおかやま」の実現こそ街を挙げての緊急プロジェクト。引き続き急がれるのは、日本版 CCRC 構想を正しく咀嚼し、岡山らしさを活かすことのできる「岡山版CCRC」の構成と、創出。さらに持続的な街づくりに欠かせないのは新交通システムで、それは「都心循環BRT、岡山ビッグバン」構想。

従いまして、
1.にネウボラおかやま、2.に岡山版CCRC、3.に岡山ビッグバン

2. 岡山版CCRCに関しては
、例えば用地集約に失敗するであろう新 岡山市民会館の候補地(千日前)や旧 岡山市民病院の跡地(岡山市北区天瀬)を利活用し、シャッター通り化ほか暗いニュースの噴出が止まらない表町商店街エリアの再興をも視野に、健康でアクティブな生活ゾーンを創出。地域社会(多世代)との共働を促し、居住者の参画・情報公開等による透明性の高い事業運営を可能にする、持続可能な岡山版CCRCを確立する長期構想。

子育てにおいて日本一充実したネウボラ岡山。シニアもアクティブに暮らせる岡山版CCRC。回遊性を担保する岡山ビッグバン。それらは世界都市への文殊の知恵。

岡山市まち・ひと・しごと創生総合戦略への勝手参加に伴い、地方創生コンシェルジュの皆さまにボソッと呟いておきますネ。2016年も何卒よろしくお願いします (`・ω・´)ゞ


石破大臣の印象的なお言葉 (岡山地方への訓戒)
デベロッパーにしても「その時だけ儲かればいい」という人が多いので
(ユーカリが丘は)ほとんど行政の支援を受けていないので
まず「この街に住みたい」っていうのが一番大事だと

[ YouTube ユーカリが丘チャンネル 様よりシェアさせて頂いたソーシャル広報動画 ]

以上、あなたの街を健やかにする地方創生のヒントになれば幸いです ^^。


TOP > サイトマップ > 地方活性化 > 岡山版CCRC > リンク
Copyright (C) 2008-2016 Town-PR. All Rights Reserved.


ブログネタ
一億総活躍社会 に参加中!